bats-164210_1280

狂犬病が臓器移植で感染アンビリバボー9月1日放送

9月1日に放送されるアンビリバボー【実録!恐怖!!謎の病魔SP】にて、
臓器移植の結果狂犬病に感染してしまった事例が紹介されます。

現代医学においても致死率99.9%ともされる狂犬病、
果たしてどのような経緯で臓器移植から狂犬病になってしまったのか。

そして致死率99.9%の狂犬病が日本でも発生する可能性があるのでしょうか。



Sponsored Links



臓器移植で狂犬病に

臓器移植提供者が狂犬病に感染していたことが原因で、
臓器移植者は狂犬病にかかってしまい亡くなってしまいました。

通常では狂犬病にかかっていた臓器提供者の臓器移植するということはありえないのですが、
アンビリバボーの事件では様々な偶然が重なった結果、
世界初となる事例を招いたのです。

臓器提供者の死因がくも膜下出血による脳ヘルニアだったことに加え、
狂犬病に感染していても発症まえだった。

さらに
死亡後の臓器提供に関する検査に狂犬病が含まれていなかったことが重なった結果、
臓器移植者が狂犬病にかかり亡くなってしまったのです。

臓器移植提供者は自宅でコウモリを飼育しており、そのコウモリが狂犬病を所持、
脳ヘルニアで死亡する前に噛まれていました。

しかし
狂犬病の症状が発症する前に脳ヘルニアで亡くなってしまったために、
症状が発症しなかったこともあり、狂犬病とは誰にも知る由はありません。

これらの偶然が重なり、移植された臓器内で生きていた狂犬病が臓器移植者の下で、
猛威を振るい、その結果狂犬病で亡くなってしまう事態になったのです。

アンビリバボーで紹介される致死率99.9%という驚異の数値の狂犬病ですが、
果たして日本にいても感染する可能性はあるのでしょうか。



Sponsored Links



日本では狂犬病に感染する可能性はなく、
現段階においても1957年以降狂犬病の感染者の確認はされておりません。

日本では致死率99.9%の狂犬病に対して、ワクチン接種が義務付けられていることからも
日本にいる限りは感染することはないでしょう。

しかし
近年のペットブームにより、海外からのペットの輸入が激増、
そうした背景から狂犬病の再来を懸念する声も上がっているのも事実です。

さらに海外貿易船等から不法上陸したペット等からの感染の可能性があることから、
不法上陸したペットなどに関しては常に危険視されています。

こうした危険性のある恐ろしい病の狂犬病の中でも世界で初めてとなった
臓器提供からの狂犬病感染事例が9月1日のアンビリバボーで紹介されます。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. man-979980_1920
  2. shower-1502736_1920
  3. men-1198041_1920
  4. bedroom-1082262_1920
  5. vitamin-b-871135_1920
  6. clock-577753_1920
  7. book-1031359_1920
  8. tie-690084_1280
  9. runners-373099_1920
  10. move-779696_1920
PAGE TOP