fireworks-180553_1920

こうのす花火大会の混雑と屋台情報・2016年も四尺玉で大賑わい!!

2016年10月8日に開催予定の総打ち上げ数15000発に
4尺玉3尺玉300発のラストスターマインが多くの人々を魅了し、
毎年60万人を超す来場者が集まるこうのす花火大会。

そんなこうのす花火大会の混雑状況や
花火大会の楽しみ屋台出店状況について
事前に調べてみました。



Sponsored Links



2016年こうのす花火大会の混雑予想

こうのす花火大会は年々来場者数が増えており4尺玉を使用し始めてからは、
より一層話題を呼び来場者数を増やすきっかけになりました。

そのおかげか年々交通規制が厳しくなり年々混雑が増してきている。

観覧席も有料観覧席、無料観覧席さらには駐車場の解放と行っているが、
まだまだ混雑しているためにこうのす花火大会を楽しむのであれば、
事前の混雑状況を見極めることがカギだ。

2016年のこうのす花火大会の日程は
10月8日(土)打ち上げが18:00-20:30 強風、荒天の場合翌9日に順延
となっている。

しかし
60万人もの来場者がいる為に遅くても15時までには無料観覧席を確保しないと
こうのす花火大会を座って楽しむことは不可能。

最寄り駅の鴻巣駅付近は14時ごろには混雑し始め16時ごろには大混雑、
17時ごろにはピークを迎え会場につくまでに通常徒歩20分のところ40分以上かかってしまう。

その為にも遅くても最寄り鴻巣駅には14時頃には付きたいところ。
運が良ければ17時以降に無料観覧席に到着しても立って見るスペースは確保できるようだ。

車での来場を考えている場合は収容台数2000台の駐車場を9:30分から解放しており、
料金も2000円となっているが、9:30から会場入りする人も多く見られ、
例年15時にはいっぱいになっている。

15時前ぐらいに車で会場入りしても無料観覧席までが徒歩で40分かかってしまうために
余裕があれば午前中には会場入りするのが得策だ。

そして
早めにこうのす花火大会会場入りしても屋台が豊富なのも魅力である。



Sponsored Links



屋台の場所は
有料観覧席、無料観覧席どちらにも例年ずらりと屋台が出店している。

午前中からも営業している屋台も多く、
お祭りや花火大会などの定番屋台から、
過去にはB級グルメ「こうのすコロッケ」「ゼリーフライ」などが出店したこともある。

その為に
午前中から早めに会場入りし屋台で楽しみながら
花火を待というのもおすすめだ。

毎年多くの人でにぎわい混雑が予想されるだけに、
2016年も例年以上の来場者が予想される。

その為にも混雑を事前に把握することで、
スムーズにこうのす花火大会を楽しむことができるだろう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. boy-828850_1920
  2. computer-1245714_1920
  3. urban-438393_1920
  4. book-1031359_1920
  5. hands-545394_1920
  6. tie-690084_1280
  7. apple-691282_1280
  8. love-1643452_1920
  9. tokyo-835566_1920
  10. aluminous-749358_1920-1
PAGE TOP