euro-870757_1920

公務員 退職金の計算法と平均額は!?今後は削減の一途

高額な退職金からも人気が高い公務員ですが
実際に退職金は平均どのくらいもらえるものなのでしょうか。

そこで公務員の退職金の計算方法と平均額を調べてみると、
驚きの結果が分かってきました。

果たして公務員の退職金は不況の世の中でもよいのでしょか。



Sponsored Links



公務員 退職金の計算法と平均額は

地方公務員の退職金=退職日の俸給月額×退職理由別・勤続年数別支給率+調整額
国家公務員の退職金=基本給×退職理由及び勤続年数別支給率+調整額

が公務員の退職金の計算方法となっています。

地方国家公務員の退職金の計算方法に関しては、
正確には地方自治法によってそれぞれ決められており平均といえど地方により差があるのが現状です。

そして退職理由別・勤続年数別支給率は
最も多い定年を例にとると、

勤続年数20年 約25%
勤続年数25年 約34%
勤続年数30年 約42%
勤続年数35年以上 49.59%

となっており長く勤務することで公務員の旨みが増すことが分かります。

国家公務員の場合も国家公務員退職手当法という法律で定められていますが、
計算方法に関しては地方公務員とさほど変わりません。

ちなみに一般企業の場合ですと退職金を払はなくてはいけないという決まりはなく、
会社により様々です。

計算方法は主に
民間の退職金=退職時の1ヶ月分の基本給×就業年数×給付率

となっており、
給付率は平均して、自己都合の場合は60%、会社都合の場合は70%前後が一般的になっています。

やはり民間企業に比べて公務員のほうが多額の退職金をもらえる場合が多いようですが、
平均金額にしてみるとどうでしょうか。



Sponsored Links



退職金平均額は

都道府県の地方公務員 2400万円
国家公務員 2300万円
民間企業 1300万

となっておりやはり民間企業に比べて公務員は多額の退職金を得ているようです。

しかし
この公務員の多額の退職金に批判が集中し2012年に退職金計算法改正に関する法案が決定され、
段階を経て最終的には14.9%削減されることが決定しており、
金額にすると約400万円。

公務員にとってはかなりの痛手ですが、
民間企業に勤めている人から見ればまだまだとも思われるでしょう。

近年の不況によりか徐々に公務員の将来安泰という考え方が変わりつつあるようですが、
それでもまだ民間企業に比べても高給取り何は変わりありません。

今後さらに不況が続けば公務員の給料削減ということもあり得るのでしょうか。

Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. man-1209546_1920
  2. burnout-384086_1920
  3. cigar-1473699_1920
  4. glass-1379822_1280
  5. stretchen-1634787_1920
  6. head-172351_1280
  7. love-1643452_1920
  8. motion-1303885_1920
  9. fruit-1593544_1920
  10. soybeans-182295_1920
PAGE TOP