hospital-928654_1920

小林麻央の病院食の食器から慶應病院と判明!医師の誠実なコメントに注目が集まる

小林麻央の病院食の食器から入院先が慶應と判明し話題となっている。

9月1日から開始した小林麻央のブログKOKORO。
そのきっかけとなったのが現在の病院の医師との出会いであり、
日々のブログから語られる医師のコメントからも、
医師の素晴らしい思想が注目を集めていた。

近日もQOL手術として患者の生活の質を高めるための手術を行うなど、
徹底した患者への配慮が注目を集めて続けている。

それだけに非公開とされていたにもかかわらずに、
注目を集めていた入院先の病院であったが、
小林麻央が自身で更新したブログKOKOROから
様々な決定的な要因が発見され慶應病院と判明したのだ。



Sponsored Links



小林麻央の病院食の食器から慶應と判明

小林麻央の入院先の病院が慶應だと判明したのは病院食の食器が、
9月19日に更新された『敬老の日』と付けられたブログ投稿に画像がアップされたからだ。

病院食とは思えないほどの豪華な食事が並んだ様子を感動の言葉とともに、
画像付きでアップしていた。

その際に食器の柄が花柄の食器が写されていたのだ。

そして、
その柄と同じ食器の病院食を一般に慶應に入院している患者もアップしており、
小林麻央の入院している病院は慶應ではないのかと噂され始める。

小林麻央が入院しているのは個室という情報は以前から出ており、
慶應における特別個室は3つの種類が存在。

その中で最もリーズナブルな個室の内装と小林麻央が9月20日にブログにアップした
『お見舞い』の旦那の市川海老蔵の画像背景と10月3日にアップした、
『生命力!』の画像背景が完全に一致することからも入院先の病院は慶應であり、
個室の中では一番リーズナブルな個室と特定されたようだ。

10月3日のブログ投稿で入院先の病院が慶應と特定された小林麻央だが、
同日に更新されたブログにはステージ4にあることも明かされていた。



Sponsored Links



ステージ4というとすでに他の臓器への転移が見られ、
末期がんと称される状態。

一般的には5年後の平均存率は約26~42%とされ、
10年の平均生存率は約13~15%とされており、
如何に投薬や手術で延命していくかという治療がメインになる。

小林麻央はブログKOKOROでは
5年後も10年後も生きたいのだーっあわよくば30年!
非常に前向きなコメントをされており、
まだまだ奇跡を起こすために奮闘しているようだ。

そして
病院の医師も
奇跡を起こすには、着実な一歩一歩を踏むことです。
と非常に誠実な病院の姿勢が見て取れる。

このような医師に出会えたからこそ、
がんに侵されていながらも小林麻央は奇跡を信じ生き続けていられるのだろう。

そんな素晴らしい医師のいる病院が
病院食の食器から慶應と判明することになったが、
今後も綴られるであろうブログでの医師のコメントに
ますます慶應への注目が高まっていくことだろう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. lunch-box-1176449_1920
  2. bedroom-1082262_1920
  3. man-979980_1920
  4. man-1394395_1920
  5. pillows-820149_1280
  6. iphone-518101_1920
  7. urban-438393_1920
  8. stretchen-1634787_1920
  9. hands-1408480_1920
  10. love-1643452_1920
PAGE TOP