どうしてコーヒーは世界の偉人に愛されたのか

現代でも身近な嗜好品として存在し続けているコーヒーは、世界の偉人たちにも愛されていたことはご存じだろうか。

難聴の音楽家ベートーヴェン・音楽の父バッハ・第26代アメリカ大統領セオドアルーズベルト・フランス国王ルイ14世・フランス国王ルイ15世などなど挙げ始めたらきりがない。

又、それぞれにこだわりも強くベートーヴェンはコーヒー豆は60粒で淹れないと激怒し、ルーズベルト大統領は1日3.8L飲み干し、フランス国王ルイ14世は自分で淹れないと満足できないほどであった。

それほどまでに偉人に愛されたコーヒーにはどのような効果が秘められているのだろうか。



Sponsored Links



コーヒーの効果

・リラックス効果
・覚醒作用

この2つがコーヒーの最大の効果だろう。

リラックス効果

コーヒーには独特な香りが存在する。この香りの元はピラジンという成分であり、コーヒー以外にも食べ物を焼いた時に出る香ばしい香りの元である。

このピラジンを嗅ぐことによって脳内ではリラックス作用のあるアルファ波が生じ、精神を安定させる働きがありリラックス効果を導いてくれる。

覚醒作用

コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインを摂取することで脳内のアデノシンの働きを抑制させる効果がある。アデノシンには睡眠作用や心臓を休める効果など体の機能を低下させる効果がある。

コーヒーに含まれるカフェインはその元となるアデノシンの活動を抑制するために、覚醒作用として集中力の増加や眠気覚ましの効果があるというわけだ。

しかし、そんなコーヒーにもデメリットが存在するといわれている。



Sponsored Links



コーヒーのデメリット

コーヒーには以前より様々な病気のリスクを増加させるとされている。特に代表的なものが癌であろう。

しかし、これらに関しては実験が行われており因果関係がないことは証明されている。

2012年に発表された実験結果によると40万人を13年間にわたりコーヒーを飲むグループと飲まないグループに分け、死亡率を調査するという実験であったが、コーヒーを飲むグループの方が死亡率が低下することが判明した。

さらにその後日本でも独自の調査が行われたが結果は同じく、コーヒーを飲むことと死亡率の関連付けはできなかった。つまりコーヒーに健康の害がないことが判明したのだ。

古くから世界中の偉人たちに愛されたコーヒー。偉人が偉業を成し遂げた裏にはコーヒーの存在があったのかもしれない。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP