騎士団長殺しのあらすじ内容ネタバレ!4年ぶりの長編小説に発売日から長蛇の列

2月24日に発売された村上春樹の新作「騎士団長殺し」。
1月21日にタイトルのみが公表されあとは宣伝すら行わないという方法ながらも、すでに150万部に到達する勢いだという。

今回の騎士団長殺しは第1部「顕(あらわ)れるイデア編」第2部「遷(うつ)ろうメタファー編」の2冊からなる長編小説であり、4年ぶりの新作として大いに期待を膨らませてくれる作品である。

そんな騎士団長殺しのあらすじや内容はどのようになっているのかネタバレをご紹介していこう。



Sponsored Links



騎士団長殺しのあらすじ内容ネタバレ

物語の主人公は都心近くのマンションで嫁と共に生活を送っていた、肖像画の得意な無名の画家である。
そんな無名の画家はある日、嫁と離婚することとなった。
そして、都心のマンションを離れ無名の画家は、新たな生活を開始することとなる。
そこで移住先に選んだのが都心から離れた神奈川県の小田原であった。

無名の画家は小田原の郊外の古民家での暮らしを開始し、1人の生活を送り始めていたある時、屋根裏から1枚の絵を見つけることとなる。
その絵の題は「騎士団長殺し」とついた作品であり、雨田具彦という画家の作品のようだ。

丁度そのころ無名の画家の元に1人の男が訪れ、古い石室を見つけるのだ。

こうして村上春樹の騎士団長殺しは物語が展開されていく。
村上春樹の作品のタイトルは作中に登場する雨田具彦という画家の作品名であり、この作品を中心に物語が展開されていくこととなるようだ。

ちなみに村上春樹の騎士団長殺しの背表紙には

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた・・・・・それは孤独で静謐な日々であるはずだった。 騎士団長が顕れるまでは。

と記されている。
いったいこの背表紙のあらすじが何を意味しているのだろうか。



Sponsored Links



騎士団長殺しの内容予想

村上春樹の騎士団長殺しの作品は英語タイトルでは「Killing Commendatore」となっていることから「Commendatore」とはモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」に登場する「騎士長」のことだろうと予想されている。

「ドン・ジョヴァンニ」にとはオペラのことであり、遊び人のドン・ジョヴァンニはやがて村人中からの怒りを買い、騎士団長と決闘することになる。
騎士団長はここで亡くなるのだが、村上春樹の騎士団長殺しに登場する雨田具彦が描いた作品の騎士団長殺しは、この騎士団長を描いたものではないかと考えられている。
そのために今後ドン・ジョヴァンニのような展開が繰り広げられるのではないかといわれているのだ。

騎士団長殺しの世間の声



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP