もしこんな会話があったら、初デートで嫌われるでしょう

意中の女性とやっとの思いでこぎつけた初デートとはいつになく緊張するものだ。
その緊張故にいつもは冗舌であったが、中々会話が思いつかない。わけわかんないことを喋りだす。なんてことも男性たちにはよくある悩みの1つであろう。

そのために事前にいくつかの会話のパターンを用意しているという男性も多いが、そんな初デートにおいても多くの女性が嫌悪感を抱く、共通の話題というのが存在する。

今回はそんな女性たちに嫌われてしまう6パターンの会話を紹介しよう。



Sponsored Links



初デートで嫌われる会話

1.ネガティブな会話
女性が好きな男性のタイプとして必ず上位に上がるのが、決まって面白い男性である。
ネガティブな会話をする暗い男性というのはまさにその真逆を行くものであり、女性にとってはそんなネガティブな話を聞いたところで全く関係ないし興味もない、それどころかつまらないというレッテルを張られることになるだろう。

2.否定的な会話
男女にかかわらず深い関係になる人物というのは、必ず自身を理解してくれる理解者である。
否定的な会話をされるということは自身との思考の違いや対立を意味し、今後の関係の発展の中でもより意見の対立や争いが増えることになるだろう。
誰だって否定されるよりも自身の意見に賛同してくれる人を好むものだ。

3.プライベートの詮索をする会話
人には誰にも知られたくない言いたくないプライベートな領域が存在する。
この領域は関係が薄いほど強いものであり、関係を深めるにつれて徐々に弱まっていくものだ。
初デートというのは少なくとも関係は薄い段階であり、そんな中でプライベートを詮索するような会話を持ち出されては、女性は意識せずとも嫌悪感を抱いてしまうものだ。



Sponsored Links



4.想いを伝える話
簡単に言えば告白だ。
初デートというのは誘った男性からすれば意中の女性とあり、こみ上げてくる熱い想いもあるだろう。
しかし、女性からしてみれば、この男性は有りか無しかを初デートで見極めている段階であり、そんなさなかにいきなり想いを伝えられても女性はまだ考え中。
そんな中での告白となれば、答えは決まって悪いものとなる。

5.下世話な話
いわゆる下ネタである。
下ネタは女性の7割が嫌悪感を示す会話であり、初デートで関係もままならないうちに下ネタを話すのは最悪だ。
女性はいつだってお高い女性として位置していたいのだ。

6.完結的な会話
女性同士の会話というのは終わりのない話を延々としているものであり、すぐに答えを出す男性とは全く違うものだ。
女性というのは会話の中に答えを見つけているのではなく、会話そのものを楽しんでおり、会話によって答えを見出す男性とは考え方が違うのだ。
そのために女性のと会話において「要するにこうでしょ」「それってこうだよ」など男性の会話ではありがちな答えを導く会話というのは嫌われる。
女性との会話というのは相手が話している時は、適当にでも合槌を打っておけば満足するのだ。

これらの6パターンの会話を意識すれば初デートで女性にいきなり嫌われる可能性は防げるだろう。
しかし、デートの会話の際に怖いのが沈黙である。
そんな沈黙を打破するための会話術というのも存在する。

・もしデート中に沈黙が続くなら、行うべき6つの方法

又、会話術を知っていても初デートの際に選んではならない場所も存在する。

・5割の女性が冷めてしまう初デートの場所

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP