stretchen-1634787_1920

筋肉疲労の原因と簡単即効回復法!筋肉をほぐすことの重要性

肩や腰の凝りに疲労感とデスクワークが主な仕事な現代社会人ですが、
動かなくても溜まる筋肉疲労に違和感を感じたことはないでしょうか。

そこで筋肉疲労が溜まる原因とデスクワーク中にも行える簡単な回復法をご紹介。

これを知ることで筋肉疲労に悩まされることを無くし、
疲労感に襲われる機会も大幅に減らすことになるでしょう。



Sponsored Links



筋肉疲労の原因

筋肉を動かすには筋肉内にあるカルシウムイオンが分泌されて筋肉内にあるタンパク質の
ミオシンフィラメントのトロポニンという物質と結びつくことでATP(アデノシン三リン酸)を
分解してエネルギーを生み出すことで筋肉が動きます。

しかし
筋肉を動かすことで代わりにカリウムやリン酸といった物質が蓄積されるのです。

カリウムやリン酸が筋肉内に蓄積されるとリン酸がカルシウムイオンと結合してしまいます。

すると
カルシウムイオンの活動が悪くなり筋肉を動かすのに必要なATP(アデノシン三リン酸)を
分解してエネルギーを生み出す効率が悪くなり、結果筋肉が動きにくくなるのが筋肉疲労の原因です。

つまり筋肉内に疲労物質のカリウムやリン酸が蓄積されることで筋肉疲労になり、
デスクワークなどで動かないのに筋肉疲労になる原因も疲労物質が蓄積されてしまうことにあります。

しかし
疲労物質を蓄積させなければ筋肉疲労を軽減できることになります。

そこで簡単に行える筋肉疲労の回復法をご紹介しましょう。



Sponsored Links



デスクワークなどで疲労物質が溜まってしまう原因は動かなすぎることにあります。

人間は基本立って動き続ける生き物であり長時間座っていられる体には作られておらず、
動き続けることにより筋肉を動かし血行の流れが保たれて疲労物質も溜まりにくくするのです。

しかし
座り続けることで筋肉の動きを止めてしまい血行の流れを悪くしてしまい、
疲労物質の循環を悪くし蓄積されていく一方になってしまいます。

その為にデスクワークなどで動かないのに疲労物質を溜めてしまい筋肉疲労を感じてしまうのです。

そこで行えるのが簡単に体を動かすストレッチになります。

激しい運動でなく軽く体全体の筋肉をほぐす程度のストレッチで体の固まっていた筋肉を動かし、
血行を良くして疲労物質を蓄積させないのです。

このストレッチを行うだけでもデスクワークなどでの筋肉疲労の回復には高い効果を発揮します。

休憩中などにストレッチを軽く行うことで筋肉疲労の原因である疲労物質の蓄積をやわらげ、
筋肉疲労に襲われる機会を大幅に減らせることでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 40分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. pc-1207686_1920
  2. lonely-1149764_1280
  3. head-172351_1280
  4. jacket-382581_1920 (1)
  5. erotic-1524731_1920
  6. hands-545394_1920
  7. coffee-690349_1280
  8. runners-373099_1920
  9. man-979980_1920
  10. vitamin-b-871135_1920
PAGE TOP