duren-1647180_1920

木村安由光作業療法士の病院はどこ?札幌の勤務先は発寒中央病院で八戸工業大学第二高等学校の卒業生だった…

作業療法士木村安由光が亡くなった事件で、札幌市勤務先病院どこかと、注目が集まっている。事件は11月6日午後2時過ぎに、木村安由光が自宅の浴室で亡くなってるのが、勤務先の同僚2人により発見された。木村安由光が発見される2日前の4日には、自宅近くの飲食店で男性と食事していたことが判明し、午後6時半ごろに店を出た。そして、翌日5日に勤務先の病院を無断欠勤し、6日に同僚が自宅を訪ね木村安由光を発見した。

これらのことから4日の午後6時半以降から、木村安由光が発見されるまでの6日の午後2時までの間に事件に巻き込まれたとしている。木村安由光と同じマンションに住む住民の話によると、5日に木村安由光の部屋のほうから争うようなもの音が聞こえたと答えている。

警察は木村安由光の交友関係から事件を捜査していく方針を明かしており、まだ事件の解決には時間を要しそうだ



Sponsored Links



作業療法士木村安由光の札幌市の勤務先の病院はどこ

作業療法士の木村安由光が勤務していた札幌市の病院はどこかと注目を浴びているが、発寒中央病院とされている。

発寒中央病院

〒063-0825 北海道札幌市西区発寒五条6-10-1
発寒中央駅南口出口から徒歩約8分
宮の沢駅7出口から徒歩約10分
発寒南駅1出口から徒歩約11分
診療科目 内科,呼吸器科,消化器科,循環器科,小児科,眼科,リハビリテーション科,内分泌科
出典http://loco.yahoo.co.jp/

親切・やさしさ・誠実に、人間尊重の愛をもって地域から尊敬される病院を理念にサービスを提供している病院のようだ。その甲斐あってか、口コミも看護師や医師らのやさしさや丁寧さが多くピックアップされている。

木村安由光が勤務していたという情報元は、事件発生後に各報道機関が発寒中央病院に殺到したことが原因のようだ。その旨がネット上に報告されている。尚、木村安由光の経歴についても報告されており、八戸工業大学第二高等学校を卒業し、北海道大学医学部保健学科に入学している。情報元はネット上で同名の人物のコメント画像が発見されており、医大生ということから今回事件に巻き込まれた木村安由光ではないかとされている。

八戸工業大学第二高等学校は偏差値55から60ほどの私立高校であり、北海道大学医学部保健学科も偏差値55から60ほどの大学だ。木村安由光は今のところトラブル等を抱えていた痕跡もなく、いったいなぜ事件に巻き込まれたのかも現段階では不明である。



Sponsored Links



札幌市の病院勤務の作業療法士木村安由光事件の犯人

現段階では捜査本部は犯人についてのコメントを出しておらずに、目星がついていないようだ。今後の捜査では木村安由光の交友関係を中心に110人態勢で捜査を展開していくようだが、事件当時のマンションの住人の証言から、木村安由光の部屋内で犯人と揉みあった可能性が高く、木村安由光に目立った外傷もないことから、体格差のある男性が相手であった可能性が非常に高い。

さらに部屋内も荒らされた形跡がなかったことから、木村安由光と面識があり、部屋に入れてもらえる関係性だったとも考えられる。交友関係を中心に捜査しているとのことで、近いうちに犯人が逮捕されることになるだろう。

作業療法士として働く、札幌市の勤務先の病院でも評判の良かった木村安由光。いったいなぜこのような事件に巻き込まれてしまったのだろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP