金正男の死因は毒の何!?毒針と毒を吹きかけられる…金正日の長男の死去

金正男が2月14日に暗殺されたことが報じられ、死因になった毒は何なのかと注目を集めている

金正男は故・金正日総書記の長男であり、次期後継者候補ナンバー1といわれる人物であった。

特徴的なのは非常に頭脳明晰なことであり、幼少期から身分を隠し世界各国で勉学に励み7か国語を自在に操ったほどである。

過去には日本の東京ディズニーランドに行きたいとの理由で不法入国を画策していたこともあった。もちろん日本語も流暢であり、取材に対して日本語で返答する姿は印象的であった。そんな様子からも北朝鮮の後継者内で最も世界から望まれていた人物でもあった。

しかし、金正日の後継者争いの時期に先の日本で身柄を拘束されたことやドミニカ共和国での偽造旅券所持が発覚したことから後継者から外れ、現在はわずかな側近を連れて世界各国を転々とする生活を続けていた。

そんな金正男が何者かによって毒を用い暗殺されてしまったようだ。



Sponsored Links



金正男の死因は何

金正男の死因に関する情報は毒を吹きかけられたとする報道と、毒針で暗殺されたとする報道する報道の2つ存在する。

まず初めに行われたのが2月13日日本時間午前9時ごろにクアラルンプール国際空港の出国審査前で顔に液体をかけられ、係員に体調の不良を訴えそのままカウンターに倒れて、空港近くのプトラジャヤ地区の政府系病院へ搬送されたが、死亡が確認されたという。

そしてすでに検視も行われているようであり、毒殺されたと報じていることから顔にかけられた液体が毒であったとされている。

そして、もう1つの死因が同日2月13日の日本時間午前10時ごろにクアラルンプールの空港で女性工作員2人に毒針で刺され死亡したというものである。そして、現在マレーシア警察が死因を捜査中と報じられている。

現段階でどちらが正しい報道なのか、又、2つの暗殺が同時に行われたかは不明であるが、金正男は毒が死因となり亡くなったのは確かなようだ。

金正男の死因の毒は何

金正男が暗殺された報道が報じられ毒の液体や毒針を用いた殺害方法に驚きの声が広がっているが、北朝鮮の工作員にあってはこれらの暗殺方法は以前から使用されているものである。

過去2011年に韓国内で北朝鮮工作員が拘束される事態が発生し、その際北朝鮮工作員が所持していたのが、ボールペン型の毒針や懐中電灯型の毒薬を発射する銃のようなものである。

ボールペン型の毒針は通常のボールペンの見た目そのものであり、上部を押すことで、毒針が内部から出てくるものだ。又、懐中電灯型の暗殺道具も毒薬入りの弾を込めて銃のように発射することができ、10m先まで毒薬を発射することができる暗殺道具だ。

今回の金正男暗殺に用いられた手法からもこれらの暗殺道具に近い系統のものが使用されたことだろう。しかし、いったいなぜ金正男は暗殺されたのだろうか。



Sponsored Links



金正男の暗殺理由

金正男は元々現北朝鮮の実権を握る金正恩と対立関係にあった。その原因は金正恩が現在行っている政策批判を金正男が行っていたためである。ミサイル発射問題等…そのために金正恩は即座に金正男を国内から追放しており、そのために金正男は世界中を放浪する生活が続いていた。

そんな関係にあり金正日の長男という肩書もあったためか、金正恩にとっては常に動向が気になる存在であり、以前から暗殺計画を企てている噂はよくささやかれていた。

そのために金正男は身分を隠しながら追放された後も、姿を隠すように世界中を転々として回っていたともいわれている。

現在金正男を暗殺したのは2人の女性工作員とされ、犯行後はタクシーで逃亡し現在行方を追っているとのこと。タクシーでの逃亡とまでわかっていればすぐにでも身柄を確保できそうな気もするが、女性工作員2人も北朝鮮内で貧困の家族の対応等々引き換えに暗殺を請け負ったのだろう。

金正男は毒が死因で亡くなったがこれを機に北朝鮮では何か動きがあるのだろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP