警視長不倫報道は誰!?名前は阿武孝雄と特定…同日にフライデーも同様のスクープ報じる

2月10日に警視長の40代の男性が在職時に、当時不倫関係にあった女性の会社に事業を受注していたことが明らかになり、この不倫を行っていた警視長の名前は誰と注目を集めているようだ。
すでにネット上では阿武孝雄という名前が挙げられているが、いったいなぜこの人物の名前が浮上しだしたのであろうか。
さらに警視庁は情報漏洩がなかったかも同時に調べているというが果たして。



Sponsored Links



警視長不倫報道は誰!?名前は阿武孝雄

警視長の不倫報道がなされておりいったい誰なのかと注目を浴びているさなか上がった名前阿武孝雄。
この阿武孝雄の名前が挙がった理由は、ニュースが配信された同日に発売された週刊誌フライデーの記事によるものであった。

2月10日のフライデーには阿武孝雄の不倫報道がなされており、不倫の実態と情報漏洩について記されていた。そんな阿武孝雄についてフライデーでは既婚者であり3人の子供がいること。
さらに京大法学部卒業後、1995年に警察庁に入庁。その後北海道に神奈川と地方の課長を歴任し、2011年に38歳の若さで県警の警務部長に就任したエリートと紹介されている。

そして現在は警視庁の刑事局・犯罪収益移動防止対策室の室長を務めており、2月7日付で警察庁長官官房付異動になったことが記されていた。
さらに現在の年齢は44歳であり、不倫を行い業務を受注していたニュース内容と酷似する。

これらのことから警視長の不倫報道の人物が阿武孝雄ではないかといわれているのだ。

そんな阿武孝雄は情報漏洩の調査も行われているとあるが、フライデーには重要な情報漏洩に関する記載もあった。



Sponsored Links



警視長がふりんで情報漏洩

フライデーに記載されている阿武孝雄の情報漏洩は不倫相手の女性に、会議で使用したと思われるノートを「字が下手でしょ」などとして見せていたことが明かされている。

そのノートには方面本部会議や署長会議と記されており、内容に関しては国家機密になりうるであろう伊勢志摩サミットの警備方針や、警察庁内の不祥事についての記載であったという。

フライデーはこの事実を警視庁に問い合わせたところ調査中との回答を得たという。そして、現在ニュースで報じられている警視長の不倫報道による情報漏洩に関しても調査中とのこと。

この警視長が阿武孝雄であるか誰であるかは不明であるが、フライデーの内容から見ても警視長の名前は阿武孝雄である可能性が高そうだ。

関連記事
阿武孝雄が不倫で国家機密漏洩!?フライデーされた警視庁高級官僚……



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP