silhouette-602840_1920

慶應大学広告研究会の被害者が週刊文春に告白!驚愕の不祥事の全容と現在!

慶應広告研究会不祥事被害者週刊文春に告白し驚愕の全容が明らかになった。

この告白に伴い不祥事の全容が明らかになるとともに
慶應広告研究会の解散と海の家の経営終了を決定づけたのだが、
慶應大学内では被害者に非難が殺到していると云う。

現在警察が捜査に加わるまでに発展しているが、
慶應側は特に加害者らを処罰もしていないというが、
いったいなぜ被害者に非難が集中しているのだろうか。



Sponsored Links



慶應広告研究会不祥事を被害者が週刊文春に語る

慶應広告研究会の一連の不祥事を被害者が週刊文春に語った内容はこうだ。

慶應広告研究会が運営する海の家が8月で営業終了したことに
伴う片付けに被害者が誘われたのが始まりだった。

被害者は広告研究会所属ではなかったものの、
片付けをしているメンバー6人中5人と顔見知りであったようだ。

しかし
被害者は片付けに参加するまでメンバーが皆男子学生とは知らされていなかったと云う。

そして片付けが終わったのちに海の家付近にある合宿場にて飲み会が始まった。

最初は乾杯のテキーラに始まったようだが、
その後も立て続けに被害者だけにテキーラを飲ませるように立て続けに5杯続いたと云う。

立て続けに飲酒を強要された被害者は気分が悪くなり、
部屋を出ようとしたが男子学生に引き留められてそこから記憶がなく、
気づいた時には男性学生に囲まれ服を脱がされ抵抗しましたが抑えつけられ行為が始まった。

そして翌日被害者は体調が優れずにいたところ合宿所での留守番を命じられたようだが、
逃げ出してバスで帰宅するも気分が悪くなってしまい途中下車、そのまま病院へ搬送されたようだ。

これらの慶應広告研究会の不祥事を被害者が週刊文春に告白し警察の捜査が始まっているのが、
現状ではあるがなんと慶應大学内では被害者に非難が殺到していると云う。



Sponsored Links



2016年のミス慶應が中止になったのも慶應広告研究会が解散になったのも
海の家の経営終了に追い込まれたのも全て被害者の責任にされているようなのだ。

確かに被害者が警察にさえ相談しなければここまで事態は拡散しなかっただろう。

しかしだからと云って被害者が咎められる理由にはならないのだが、
実は加害者らの方に大きな原因があったようだ。

なんと加害者らの親は政界の大物であったり経団連の幹部であったり、
大手広告代理店電通や博報堂の家計という。

それゆえに慶應側も対処できないばかりか学生らまでもが、
そのような風潮になってしまっているようだ。

それらの理由から被害者が学内で批判を浴びている現状だという。

しかし
一連の広告研究会の不祥事に警察が介入したことで
加害者らに何らかの処分が下される可能性は
非常に高くこのような風潮も変わることだろう。

被害者が週刊文春に告白し不祥事の全容が明らかになりつつあるが、
今後どのような展開を迎えていくのだろうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 8時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. salad-374173_1920
  2. person-984124_1920
  3. sleeping-1353562_1920
  4. move-779696_1920
  5. lonely-1149764_1280
  6. treatment-1327811_1920
  7. night-view-1342591_1920
  8. hands-1408480_1920
  9. fruits-82524_1920
  10. head-172351_1280
PAGE TOP