coventry-garden-973852_1920

香山リカ奇行で中指立て病気との噂も!大阪府警機動隊への人権を無視した『心理的影響は皆無』発言が大批判!

香山リカと云う、日本の精神科医が沖縄県の大阪府警機動隊による、暴言発言について言及し炎上している。香山リカは以前からも中指を立て荒々しく抗議するなどの奇行が目立ち、病気なのではとも言われていた。

今回に関しては、沖縄県の大阪府警機動隊も日ごろから市民らに暴言を吐かれ、精神的ダメージも大きいのではないのかと云う質問。この質問に精神科医としてコメントを求められると「仕事につき心理的影響は皆無」と答え、さらに機動隊員が暴言により、心が折れるようなことでは機動隊に適していないとコメント。

この香山リカのコメントに対し、

「我慢するだけで、同じく心を持ち家族もいる人間だぞ」「仕事してる人間がロボットか何かだと思ってんの?」「機動隊に人権はないと言ってるのと同じ」

との批判の声が相次いでいるのだ。



Sponsored Links



香山リカの中指立てに意味不明な言動の奇行は病気

香山リカには過去に奇行が目撃され病気なのではないかと疑われていた。最初の奇行が目撃されたのは、2015年4月に出演した「虎ノ門ニュース!8時入り」でのこと、民間シンクタンク代表取締役社長青山繁晴のファンたちを突如信者と呼称し、「仕事しろよ」と意味不明な言動を起こした。後に番組側がこの香山リカの言動を謝罪するも、同日内に香山リカのツイッター上に番組とスポンサーを批判する投稿と再び、青山繁晴とファンに暴言を綴った。他にもニコニコ超会議にて共演した池田信夫に対しても、暴言をツイッター上に投稿。

後にこれらのことを追及されると香山リカは自身が書いたものではないと否定し、アカウントが乗っ取られたのでは、と持論を展開する。しかし、投稿された内容に現場関係者しか知りえない情報が入っていたために、その可能性を否定され、真相解明に努めるように促された。その後真相解明がなされずに、アカウント乗っ取りであれば、警察に届けるべきと提案を受けると、香山リカは一転して誤作動かもしれないとし、さらなる真相解明を呼びなくされた。しかし、その後、香山リカ本人から番組への不満を理由に番組を降板した。

この一連の奇行で注目を集めた香山リカであるが、翌年2016年1月に東京銀座で行われていた、た「慰安婦問題・日韓合意を糾弾する国民大行進」に向けて中指を突き立て叫び続ける姿を目撃され、再び奇行を目撃され病気なのではないかとの噂を、より一層強めることになった。



Sponsored Links



香山リカに病気と云う実態はないものの、街中で絶叫し中指を立てる奇行等から噂は後を絶たない。考えられる病気としては精神的な病気とされ、うつ病やパニック症候群ではないのかとされている。

精神科医という肩書の下で自身の思考に絶対的なものを感じ、それ以外の思考を一切認められなくなってしまったために、人一倍相手に対して強い批判を行うようになり、奇行と呼ばれるのではないかとも一方では語られている。

今回の沖縄県の大阪府警機動隊へのコメントは、人権とはかけ離れたコメントであろう。香山リカは今後、不適切な機動隊への発言をどのように説明していくのだろうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. coffee-690349_1280
  2. boy-828850_1920
  3. tokyo-960256_1920
  4. alone-62253_1920
  5. tie-690084_1280
  6. leaves-184219_1920
  7. computer-1245714_1920
  8. iphone-518101_1920
  9. urban-1580078_1920
  10. building-1210022_1920
PAGE TOP