河津桜まつり2017の駐車場や渋滞回避方法!穴場的駐車場3選で混雑回避

2017年の河津桜まつりの穴場的駐車場渋滞回避の情報などをご紹介しよう。毎年全国各地から70万人以上の人々が、春の訪れである桜並木を見るために訪れる河津桜まつり。開催期間は2月初旬から3月初旬までと1か月近くにわたり行われているものの、その連日の混雑ぶりは日本屈指の桜名所であることを感じさせるもの。そんな河津桜まつりに参加しようにも遠方からだと気になるのが、駐車場の状況や混雑状況だ。そこで、河津桜まつりを快適に楽しむために、混雑を回避できる穴場的駐車場や渋滞回避の方法をご紹介しよう。



Sponsored Links



河津桜まつり2017 穴場的駐車場

河津桜まつり2017では公共は駐車場が10か所以上有料で用意されている。しかし、毎年この公共の駐車場は早朝から混雑を起こし満車状態。観光協会もこの状態を緩和させるために公共機関を利用しての河津桜まつり参加をお願いしている状況だ。しかし、依然として公共の駐車場の混雑は連日続き、出待ちを余儀なくされて出待ち渋滞ができてしまっているのだ。

そこでお勧めなのが、河津バガテル公園駐車場・モッフル屋裏駐車場・山口駐車場だ。河津バガテル公園駐車場は100~200台の駐車スペースがある駐車場。桜並木までは徒歩20分ほどであり、シャトルバスを利用すれば河津駅まで10分で移動できる場所になる。河津駅からは桜並木が続いているため河津桜まつりを堪能することができるだろう。

モッフル屋裏駐車場は河津桜まつりの桜並木の一本裏に存在する有料駐車場。値段は500円ほどと公共の駐車場よりも安いものの、桜並木に近すぎる故に利用者が少ない駐車場なのだ。

山口駐車場もモッフル屋裏駐車場同様に近すぎる故に空いている駐車場だ。

これら3か所の駐車場が公共の駐車場とは別に、渋滞を回避できる穴場的駐車場だ。次は渋滞を回避する方法についてご紹介しよう。



Sponsored Links



河津桜まつり2017 渋滞回避方法

河津桜まつり2017は2月初旬から3月初旬までの1か月間行われているために休日が比較的混雑し、又、桜が満開になった週の休日が一番渋滞する。そのために渋滞を回避したいのであれば、平日に足を運ぶのが無難である。そして、具体的な渋滞回避の方法であるが、河津桜まつりの際に最も込み合うのが国道246号線である。そのために東京方面と熱海方面からそれぞれの渋滞回避方法をご紹介。

東京方面からだと小田原から国道135号線を利用して真鶴道路へ。そして、熱海ビーチラインで熱海まで行き、熱海からは国道135号線を利用し南を目指すことで河津町へと向かうことができる。横浜方面からだと横浜新道を利用し湘南方面を目指して新湘南バイパスや西湘バイパスを利用することで渋滞を回避することができるだろう。

これらの駐車場や渋滞回避方法を使用することで、河津桜まつり2017でも混雑を比較的感じにくく楽しむことができるだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP