春日井物流サービス犯人ドライバーは!?炎上して春日井物流サービスの今後も危うい…名古屋走りの結末か

12月2日10:30頃に発生した春日物流サービスのドライバーを映し出したTwitter上の動画が炎上している。動画を撮影したのは車を運転しているドライバーであり、名古屋のとある踏切で道路交通法に基づき一時停止したところ、後ろを走行していた春日井物流サービスのドライバーにクラクションを鳴らされるというもの。さらに、その後、車が交差点で赤信号に差し掛かり停止すると、後ろを走行していた春日井物流サービスのドライバーが降りてきて、車の窓ガラスを叩くと様子を捉えた動画である。この窓ガラスを叩いた犯人春日井物流サービスのドライバーと判明しているためにも、春日井物流サービスが炎上しているのだ。



Sponsored Links



炎上の春日井物流サービスの犯人ドライバー

炎上の元となっている春日井物流サービスの犯人ドライバーが誰かは現時点では特定されてはいない。しかし、炎上のきっかけとなった動画が今なおもTwitter上に存在し、犯人ドライバーの顔もしっかりと映し出されている。外見からおそらく年齢は60~70歳前後の高齢ドライバーと見受けられる。動画の口論から動画撮影者の車が、踏切で一時停止したことに春日井物流サービスの犯人ドライバーが、腹を立てて、棒のようなもので窓ガラスを強打したのだ。

春日井物流サービスの犯人ドライバーによると、踏切時の急ブレーキが気に入らなかったというようだが、動画からは車が踏切で急ブレーキをかけた様子を確認できずに、春日井物流サービスの犯人ドライバーが怒りを覚えた急ブレーキの真意は不明だ。しかし、如何様な理由であれ、車の窓ガラスを叩いたり、車のドアをこじ開けようとする春日井物流サービスの犯人ドライバーの行動は、著しく社会性を欠いたものとなるであろう。それ故に春日井物流サービスの炎上する事態にまで陥っている。

犯人ドライバーが、春日井物流サービスの人間であるということは、運転していたドラックに会社名が春日井物流サービスと記載されている点や、犯人ドライバーがかぶっていた帽子のロゴマークからも決定的である。春日井物流サービスは愛知県にある物流会社である。愛知県名古屋と云えば、名古屋走りという特有の走りが知られており、運転マナーの悪さが全国的にも知られている。特徴としては信号無視や速度超過に急な車線変更等、道路交通法を守らないものばかりである。事名古屋を主とする運送会社であれば、このような名古屋走りが習慣化していたことも、今回の春日井物流サービス炎上の一端なのかもしれない。

今後、春日井物流サービスの犯人ドライバーは何らかの処分を受けると思われるが、名古屋全体の交通マナー、名古屋走りも問題の根源なのだろう。



Sponsored Links



春日井物流サービス犯人ドライバー炎上に対する世間の反応

㈲春日井物流サービスくんの今後の一手が注目されますね。零細だろうから、ネットで炎上している会社と取引したくない
うちの取引先に春日井物流サービスあるかわかんないけど、上司に今朝のネット炎上の件を一応伝えて置いた。
春日井物流サービス、問題のドライバーをクビにして実名公開、被害者に暴行脅迫器物損壊の全部を満額支払った上でドライバーの免許停止までしてようやく丸く収まるレベル
看板背負って仕事してる ってのを自覚してないとこーなる例っすな
春日井物流サービス のトラックのおっさんの件。動画回ってきたけど、エライことになってる…。
春日井物流サービスさんは早く対策打たないとこれで廃業かな。しかしやっぱり愛知は怖いなぁw

春日井物流サービスの犯人ドライバーの行為により、炎上していることで、今後の春日井物流サービスの経営悪化を余儀なくさせる反応が非常に多い。また、名古屋特有の交通マナー、名古屋走りについても触れられている。今回の事件で、名古屋の交通マナーにも一躍注目が集まることになり、改善されることになるのだろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP