ジャイアントホグウィード日本には!?症状は触れただけでヤケドから失明まで…悪魔の植物

触れただけでヤケドする植物ジャイアントホグウィードは日本にも存在するのだろうか。ジャイアントホグウィードがもたらす症状はどれも非常に深刻であり、別名悪魔の植物として恐れられている。又、世界的にも知られており、輸出入に規制をかける国も多い。元々は中央アジアを原産国としていたものの、時代と共に生息域を拡大していき、イギリスやアメリカなどでも存在を確認されている。近年では世界各国間で輸出入が頻繁に行われており、ジャイアントホグウィードが他の輸出入品に紛れて生息域を拡大する可能性も十分に考えられるのだ。



Sponsored Links



ジャイアントホグウィードと日本

ジャイアントホグウィードは日本での生息は確認されていない。しかし、年々生息域の拡大を見せており、他の輸出入品に紛れて今後日本に生息域を拡大する可能性も0ではないのだ。現在ジャイアントホグウィードが確認されているのは中央アジア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ地域(イギリス、ドイツ、フランス、ベルギーなど)となっている。

ジャイアントホグウィードの生息域が非常に広範囲であることからも、高い環境適応能力があることが判明している。そのために日本にジャイアントホグウィードの種が何らかの形で入り込んだ場合には、成長することに問題はなく生息域を拡大することが可能なのだ。又、近年では貿易の自由化が発達しており、個人でも世界各国から様々なものを輸入することが可能となっている。

そんな中、ジャイアントホグウィードを日本に輸入しようと考える人物もいることだろう。しかし、ジャイアントホグウィードにおいては世界各国で輸出入に規制がかけられているため、意図的に日本国内に持ち込むことは不可能に近いだろう。しかし、これほどまでに危険視されるジャイアントホグウィード。いったいどのような症状を起こすのだろうか。



Sponsored Links



ジャイアントホグウィードの症状

ジャイアントホグウィードに触れることで、水疱や数年間にわたり消えない傷ができたり、最悪の場合失明する症状も報告されている。これらの症状を引き起こす原因はジャイアントホグウィードの葉、根、茎、花、種とすべてに含まれている光毒性の樹液にある。

光毒性の樹液は太陽光に浴びることで、皮膚にかゆみを生じさせたり水疱を作ったり。又、数年間消えない傷跡や目に入れば失明になることもある。これらの症状を引き起こしているのは樹液に含まれている成分が、細胞を殺す働きを持っているためである。

現在駆除対象にも指定されているジャイアントホグウィードであるが、まだまだ世界各国で被害が報告されているのが現状である。今のところ日本での生息は確認されていないものの、触れただけでヤケドから失明など多岐にわたる症状を引き起こす悪魔の植物ジャイアントホグウィード。今後も日本で生息が確認されないことを願うばかりである。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP