business-meeting-1238188_1280

ジブラルタ生命 しつこいと評判多数の企業であった

ジブラルタ生命保険は9月8日に1億9000万円を男女26人から保険契約を架空で結び、
だまし取っていたことを発表。

しかし以前からジブラルタ生命は勧誘がしつこいとの声が上がっている企業であっただけに
どのような実態の会社なのかが気になります。



Sponsored Links



ジブラルタ生命 しつこい営業マンの背景

今回の事件を起こした社員は借金返済や生活費の足しにしていたようですが、
1億9000万円もの大金を早々簡単に借金できる金額でないだけに、
だました金を私生活にどのようにあてていたかが気になりますが、
いったいなぜこのような事件が起きてしまったのか。

そこにはジブラルタ生命のみならず生命保険営業業界の実態が感じられます。

健康保険といえど新規契約を結ぶのは非常に難しいことであり、
営業業界の中でも人気の低い業界で銀行からのローンも組みにくいほどに厳しいのが現実です。

そんな中すでにジブラルタ生命を退職した社員の話によると、
ジブラルタ生命は基本給なし、営業結果がすべてになるとのこと。

さらに
そんな仕事柄か1年での離職率は80%以上でありハローワークですら再就職と認めてくれないようです。

ただでさえ今の時代に厳しい保険業界での営業職にあり、基本給もないとなれば、
会社内場や業界事情を何も知らずに働きだした社員たちは必死に契約をとろうとすることでしょう。

その結果がしつこい営業を生み出し、今回のような事件とまでに至ったのではないでしょうか。

しかし
いつの時代もしつこい営業に悩まされている人も多いようですが、
どのような対策をとれば営業にスムーズに帰ってもらえるのでしょうか。



Sponsored Links



インターホンに出ないのが最も有効と考えられます。

インターホンさえ出なければたいていの場合は営業マンも不在と考えしつこくはしてきません。

しかし
一度でもインターホンにでて多少でも話をしたのであれば、
次回以降からの居留守は使えなくなります。

ただでさえ嫌われる営業マンは一度でもコンタクトを取れればしつこく営業を仕掛けるのが、
最も効率的だからです。

一日に何百件と家を周り出てくるのは三割程度その中で話を聞いてくれる人も極少数という中で、
たとえ少しでも本人と話ができれば、営業にとってはこれとない可能性を感じます。

それゆえに断られようが居留守されようがしつこく営業に来るものなのです。

今回のジブラルタ生命の事件もさることながら営業業界全体にも
問題があるような気がしますが、やはり面倒なものとはかかわらないのが最も有効な手段でしょう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP