岩下竜二の死因は病気、窒息死!?死亡説がSNS上で流れ始める性の喜びおじさんこと岩下竜二の訃報

性の喜びおじさんとして知られている岩下竜二が死亡したのではないかという岩下竜二死亡説がネット上で流れ始めているが、いったい何が死因となったのであろうか。

性の喜びおじさんは2016年9月ごろに電車内で「性の喜びを知りやがって」と喋っている様子を動画サイトやSNS上に投稿され、以降ネット上を中心に性の喜びおじさんとして名をはせていた。
そして、「性の喜びを知りやがって」という名言の為か高い人気を帯び始め、記念撮影を求められるほどにまでなり、テレビ出演も果たすほどの人気者となっていた。



Sponsored Links



岩下竜二の死亡説

3月11日に正午過ぎに世田谷区の東急田園都市線上りの車内で50代とみられる男性が暴れ、居合わせた乗客の男性3人に桜新町駅のホームで取り押さえられる事件が発生。
その後取り押さえられた男性は突然、意識を失い搬送先の病院で死亡が確認されたという報道が流れ始めた。

そして、SNS上には田園都市線で性の喜びおじさんを目撃したという情報が多数寄せられており、車内で暴行を行い取り押さえられているとする情報までも投稿されていた。

これらのことから性の喜びおじさんこと岩下竜二は亡くなったのではないかと噂されているのである。



Sponsored Links



岩下竜二の死因は病死

報道によると突然意識を失い搬送先の病院で亡くなったとのことだ。さらにTwitter上には取り押さえられた際に足をバタつかせ暴れている様子や、「気道を確保しろ」などと言う声が響いていたという。

これらの情報から死因としては極度の興奮による窒息死の可能性が挙げられるだろう。
岩下竜二は3人に取り抑えられ興奮状態にあったために、かなりきつく押さえつけられたのだろう。その結果、岩下竜二は呼吸困難となり窒息死したという可能性も考えられる。

こうした取り押さえられた際に呼吸困難となり亡くなるという報道は、定期的に発生しており珍しい報道ではない。
取り押さえる側も3人であったが暴れる岩下竜二を抑えるうちに、気道までもふさいでいることに気づかなかったのであろう。

確かに暴れる成人男性を1人がかりで取り押さえるのは難しい話であり、人手を要するのもわかる。だが、素人が正義感故か現行犯で取り押さえるのに夢中になるがゆえに1人の命を絶つことになるとは考えものである。

今回の報道の人物が性の喜びおじさんである岩下竜二であるかという詳細は、大手報道で報じられることはない可能性が高く、それ故に死因がはっきりと特定されるかも定かではない。

だが、現段階からの情報だと岩下竜二がなくなったとする可能性は高いだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP