tokyo-1342662_1920

石原慎太郎は豊洲問題で逮捕されるのか責任の所在は誰に

連日報道されている豊洲市場問題で
新たに疑惑の目が向けられ始めた元東京都知事の石原慎太郎氏。

一部では逮捕されるのではともいわれておりますが
果たして可能性のほうはあるのでしょうか。

そして
これまでの一連の豊洲市場の責任は
いったい誰にあるのでしょうか。



Sponsored Links



石原慎太郎が豊洲問題で逮捕の可能性

石原慎太郎氏が現段階で逮捕されることはありえません。

確かに一連の豊洲市場問題に関して都知事時代に独断で計画変更を行い、
都民に説明の義務を怠った可能性はありますがまだ可能性の段階。

さらに計画変更を独断で行ったのが石原慎太郎氏だとしても都民への説明を怠ったことを
謝罪するぐらいで逮捕に至る可能性は考えられません。

しかし
実際石原慎太郎氏が独断で計画変更を行い何らかの形で消えた盛り土建設費約100億を
手にしていたのであれば事情は大きく変わってきます。

もしこの建設費を何らかの形で石原慎太郎氏が手にしていたら逮捕されることになり、
その可能性が現段階で浮上してきたのです。

その原因は石原慎太郎氏がなぜ計画変更を独断で行ったのかという疑問と
自身の口から計画変更を行ったのは自身ではないと発言したことからでした。



Sponsored Links



実際に石原慎太郎氏は専門家会議で盛り土計画が一番現実的で安全性が高いと言われていたにもかかわらず、
「もっと費用のかからない、効果が高い技術があるかもしれない」
と他の計画を必死に練っていた様子が当時の会見から明らかになっています。

さらに都の職員は石原慎太郎氏がにより新たな提案を言い渡されたとしているのです。
この計画変更においては実際に行われた地下空洞の計画とは違いますが、
石原慎太郎氏が自身で提案し決定権を持っていたことになります。

これらの事実があるにもかかわらずに豊洲市場問題について
「だまされていた」
とあたかも計画変更を知らなかったっとしたことさらにその後に
「下から聞いたことを報告しただけ」
と当時の会見でのコメントを否定するようになり
「決める権限もないし、知識もないし」
と最終的には東京都政のトップであったのに権限がなかったと言い出す始末。

これらの必要以上に都知事時代の豊洲市場との関係を切り離そうとする石原慎太郎氏に
裏で関わっていたのではないかと推測され逮捕されるのではと考えられているのです。

現段階では都が当時の様子を改めて聞き取りしなおし進めているということですが、
おそらく計画変更になった経緯や行った人物は明らかにされても消えた建設費100億については
揉み消されていくことでしょう。

しかし
今後小池都知事がどこまで掘り下げて調査を進めるか次第で
豊洲市場問題騒動の結末が大きくかかわってくることになるでしょう。

果たして真相が解明されることが来るのか今後も注目を集めそうです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. work-space-232985_1280
  2. coffee-690349_1280
  3. iphone-518101_1920
  4. shower-faucet-1296208_1920
  5. computer-1245714_1920
  6. man-937665_1920
  7. alcohol-428392_1920
  8. sleeping-1353562_1920
  9. night-view-1342591_1920
  10. building-1210022_1920
PAGE TOP