hospital-1802680_1920

石黒修の死因は!?石黒賢ら家族が病気での最後を東京都内の病院で見送る……

元テニスプレイヤーの石黒修が11月9日に家族に見守られながら東京都内の病院で亡くなったことが10日に報じられた。報道各誌には死因の言及がないためにいったい死因が何だったのかとも注目されている。

石黒修は日本テニス界を確立した人物であり、俳優の石黒賢の父親でもある。特にテニスプレイヤーとしての功績は偉大であり、甲南高校卒業後、慶応大学に入学し、三菱電気に入社。当時はまだプロテニスプレイヤーが存在せずに、会社に就職しスポンサーになってもらい世界で戦うしか方法がない時代であった。

そんな時代に世界を相手に戦いウィンブルドン選手権に出場するなどして、日本にプロのテニスプレイヤーとしての道を切り開いた人物であるのだ。そんな偉大な石黒修の病気による訃報により、悲しみが広がっているようだ。



Sponsored Links



石黒賢の父石黒修の死因

各報道機関では現段階で明確にされていないために推測になるが、がんや肺炎の可能性が最も高いだろう。まずは報道によると11月9日に家族で最期を見送ったことが確認できるために、突然の訃報ではなく、治療中や入院中であった可能性が高い。さらに病気との記載もあることから急病の可能性は低いと考えられる。

石黒修はすでに年齢が80歳と非常に高齢であったために様々な病気が死因として考えられるが、可能性で考察するとやはり一番高いのががんになる。現在の日本では3人1人が、がんを発症しており、非常に高い圧勝率であり、死因としても非常に高い。さらにがんの場合は初期症状なども見られ、初期症状に気づかずに、突発的発病になることが少ないためにも、事前にがんが発見され、入院中であった可能性が高い。他にも考えられるのが肺炎だ。

肺炎は免疫力の低い乳児や高齢者に多く発病し、症状が風邪に非常に近く高齢者の場合は豊富な人生経験から肺炎を風邪と認識しやすく、重度の肺炎に陥るまで気が付かないことも多く、発見されてすでに手遅れになる場合も少なくない。もちろん他の病気の可能性も大いに考えられるが、一般的に高齢者の入院中の死因として多いものはこれらの病気になるだろう。

おそらく今回父、石黒修の訃報を受けて石黒賢が報道陣の前に姿を現すだろうが、その際に正式に死因等の発表があるものと考えられる。



Sponsored Links



石黒修

兵庫県甲南高校時代に高校総体優勝
慶應義塾大学時代には大学で日本一に輝く
三菱電機入社後には全国日本選手権でシングルス、ダブルス、混合ダブルスでそれぞれ3回の優勝を誇る。
ウィンブルドン選手権にも6年連続で出場を果たし、当時ランキング1位のニール・フレーザーに勝利したこともある。

その後日本プロテニス協会を創設して初代理事長を務め、2016年11月9日に東京都内の病院で病気のために死去した。没年80歳。

息子の石黒賢とはテニスをする中であり、親子関係も非常に良好であっただけに今回の訃報の悲しみも深そうだ。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. pillows-820149_1280
  2. man-164217_1280
  3. aluminous-749358_1920-1
  4. pc-1207686_1920
  5. alone-62253_1920
  6. cigar-1473699_1920
  7. bald-742823_1280
  8. blood-pressure-1573037_1920
  9. human-890962_1920
  10. love-1643452_1920
PAGE TOP