池下未沙能登高校生殺人事件・犯人は大学生!?行方不明同日に自殺を図った大学生宅から遺体で発見される

3月10日に石川県立能登高校に通う池下美沙が行方不明となっていた事件で、同日に自殺を図ったとみられる大学生の自宅から遺体となって池下美沙が発見された。

能登高校に通う池下美沙はおとなしくまじめな生徒であったというが、いったい何があったというのだろうか。
又、犯人は自殺を図った大学生なのであろうか。



Sponsored Links



■目次

1.池下未沙・能登高校1年
2.石川県立能登高校
3.池下美沙の殺人犯は
4.21歳の大学生
5.池下美沙殺人事件概要

池下未沙・能登高校1年

名前:池下美沙
年齢:16歳
職業:石川県立能登高校1年

池下美沙は石川県立能登高校に通う1年生であり、吹奏楽部に所属していた。吹奏楽部の練習は毎日欠かすことなく、行方不明になっていた3月10日も練習を行っていたという。
又、中学時代からユーフォニウムの演奏を行っており、高校に入学ってから吹奏楽部でチューバの演奏を始めたようだ。

池下美沙は非常に努力家な人柄であり、中学時代から知る人は「陰で努力している優しい人だった」と語っている。
又、今までに異性関係でのトラブルを起こしたこともないようで、吹奏楽一筋であったことがうかがえる。
その他にも池下美沙の自宅近所の住民によると「物静かな感じで会えば必ず挨拶を解してくれる礼儀正しい子」と話している。

石川県立能登高校

設立は2009年であり、まだ8年ばかりの歴史しかない公立高校である。偏差値は30-40ほどとあまり高い学力ではなく、そのために生徒の評判も悪いものが多い。
校則等も厳しくなく、生徒の服装の乱れや私生活の乱れは多いという。又、教員の評判もあまりよくないようだ。

池下美沙の殺人犯は

池下美沙を殺害した可能性があると浮上しているのは、3月10日に亡くなった21歳の大学生である。
この大学生は3月10日の午後7時40分頃に、石川県穴水町麦ケ浦の能越自動車道を走行中の軽自動車の前に飛び出し衝突。病院に運ばれるも16時間後に死亡が確認されている。
警察はこのことに関して大学生は自殺を図ったとみて捜査をしており、大学生が自殺した付近には大学生のものとみられる車が発見され、車内には血の付いた刃物があったという。
そして、車の名義人の住所を訪れたところ、行方不明となっていた池下美沙の遺体が発見されたという。



Sponsored Links



21歳の大学生

名前:不明
年齢:21歳
職業:大学生
住所:石川県能登町宇加塚

自殺を図ったとみられる大学生の名前については、容疑が確定していないために情報が公開されていない。
しかし、池下美沙が発見された民家には数年前には老夫婦が住んでいたが引っ越していこう空き家となっており、稀に親族とみられる人物が草刈りに訪れる程度であったという。
そのことから自殺した大学生は以前に民家に住んでいた老夫婦の親族とみられている。

池下美沙殺人事件概要

3月10日いつも通り能登高校で吹奏楽部の練習を終え、帰宅しようと家族にlineを通じて午後6時半ごろに連絡。
待ち合わせ場所のバス停に家族が迎えに行くも池下美沙の姿はなく、カバンと携帯電話のみが残されており、警察に通報。

3月10日に午後7時40分頃石川県穴水町麦ケ浦の能越自動車道で21歳大学生が軽自動車の前に飛び出し自殺。警察が自殺の件を捜査中に亡くなった男性の車内から血痕のついた刃物を発見し、車の名義人の自宅を捜索。
午後9時50分頃に車の名義人の自宅を捜索していたところ、行方不明となっていた池下美沙が手と口に粘着テープをまかれた状態で遺体が発見された。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP