茨城県阿見町発砲事件の犯人は!?被害者無傷…車で逃走中で現在も行方が分からず捜査中

茨城県阿見町で11月10日の午後0:15分ごろに発砲事件が起きた。被害者は女性2人であり、ケガはなかったという。発砲した犯人は現在も逃走中であり、警察が緊急配備で行方を追っているという。

日中の発砲事件であり、現在も逃走中ということで一刻も早い逮捕が求められる事件であるが、果たして犯人を無事逮捕することはできるのだろうか。



Sponsored Links



茨城県阿見町発砲事件の犯人

茨城県阿見町で起きた発砲事件の犯人は被害者女性ら2人の話によると男であることが発覚し報道されている。当時犯人は車から被害者ら2人に向けて発砲し、そのまま現場を立ち去ったという。被害者らにケガはなかったために実弾入りの発砲かにより、犯人の危険度も大きく変わってくるが、車からの発砲ということもあり、犯人が現在も車移動している可能性が高く。広範囲に移動する可能性があることから、今後の犯人逮捕までに時間を要しそうだ。

犯人がなぜ被害者女性ら2人に向けて発砲したかは不明であるが、実弾入りの発砲であるならば、日本国内で実弾入りの拳銃入手が不可能なために、犯人の素性もおのずと絞られてくる。しかし、それ故になぜ、拳銃を所持できるほどの人物が何の関係もない一般人に向けて発砲し、ケガ一つさせないという点には疑問が残る。

実弾入りの拳銃を所持していることが発覚すれば、銃刀法違反の罪に問われることであり、脅しや遊びで私的に使用するとは考えにくい。そのため被害者らにケガがなかったことから、実弾入りの拳銃ではなく、音のみのモデルガン等の可能性も考えられ、被害者らを脅かそうとしたいたずらとも考えられる。

しかし、実弾入りの拳銃での発砲の可能性もあることから極めて危険性の高い犯人であることに変わりはない。



Sponsored Links



茨城県阿見町発砲事件現場

茨城県阿見町で起きた発砲事件の現場は、阿見町役場から1.5㎞ほどの距離の路上である。阿見町役場の1.5㎞範囲内には小学校や中学校に大学などが密集している住宅地である。近くには大通りもあり、犯人が逃げ込んでしまっては捜査を難航させる可能性が高い。

現段階では最初の発砲後に新たな被害者が出ていないことから、犯人の行方が不明な点と、無差別に犯行を起こすようでないことが考えられるが、いずれも危険な状態であることに変わりはない。

実弾入りの拳銃でないかもしれないが、万が一、実弾入りの拳銃での発砲であった場合の危険度は犯人が車で逃走していることからも全国各地にわたり非常に高い。一刻も早い逮捕が望まれるが、果たして無事に逮捕されることは叶うのだろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP