山田哲人幻のホームランボールのクソガキ少年特定…少年はその後上着を頭からかぶり観戦

3月7日に行われたWBC1次リーグB組の日本対キューバの一戦で、山田哲人の放った打球がまさにフェンスを越えてホームランになろうかという瀬戸際の場面で、1人の観客が手を伸ばし打球をキャッチ。幻のホームランとなる一幕があった。

場面は4回のことであり1対1のまさに勝ち越しとなる山田哲人のWBC1号ホームランになろうかという場面。
しかし、そんな肝心の場面で観客がフェンスから手を伸ばしキャッチ。映像によるリプレー判定に持ち込まれる結果となってしまい、審議の結果2ランとなり幻のホームランとなったのである。

この出来事に一部のファンからはホームランボールを取った観客の少年に怒りがぶつけられることとなり、ネット上ではクソガキ呼ばわりされてしまい、少年が特定されてしまう事態にまで発展してしまっているのだ。



Sponsored Links



山田哲人の幻のホームランを取ったクソガキ少年が特定

幻のホームランを取ったクソガキ少年が特定される要因となったのは、ホームランボールを取った少年自身がSNSにホームランボールを取った喜びの様子を投稿したことからであった。
その投稿には少年の喜びの様子が綴られており、ホームランボールと一緒に撮影した画像も掲載されていた。
しかし、現在ではネット上の煽りを受けて投稿を削除する事態になっている。

だが、事態は少年の特定の身にとどまらずに、少年の本名に自宅住所などまでもがネット上に乱立。そして中には少年の自宅にイタズラをしたというSNS投稿も確認されている。

確かに山田哲人の幻のホームランボールを取った少年の行為は、観客のマナーとして許されるものではない。
しかし、審判団の審議の結果、2ランとなったということは審判団もホームランではないという決定を下したということであり、その決定を下す要因となった少年を中傷するのは野球ファンとしていかがなものなのであろうか。

さらに一部では少年の自宅にイタズラをするという悪質な行為がSNS上で確認されているが、それは紛れもない犯罪行為であり人として行うことはあってはならない。

少年は山田哲人の幻のホームランを取ってしまったことによって、警備員からも厳重注意を受け、出入り禁止になったという情報も出ている。
今回の一件を機にスタジアムまで駆けつける1人の野球ファンの少年が、野球を嫌いにならなければよいが、今後の少年を思うといたたまれない事態であった。



Sponsored Links



山田哲人幻のホームランボールへの世間の反応

もしこれが勝敗に影響を与えるほど重要な一点だったらどうするのか?

マナーを守れない人は観戦してほしくない。

グローブを持っていれば自然と反応してしまうよね。まぁ勝ったから良しとしましょう!!

こういう事って当然起こりうる事だよね。捕球した人を責めるのもどうかと思うよ。

とりあえずこれがキューバ側のHRじゃなくてよかったよ

勝てたからちょっとは笑い話になるけど…

少年だからとか関係ない。フェンスからグラブを出すこと自体マナー違反。モノをグラウンドに投げ入れているのと同じくらいの迷惑行為。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP