5割の女性が冷めてしまう初デートの場所

意中の女性との初デートとはいくつになっても心躍るものだ。

以前から意中に抱いていたとあり、男性たちはより女性と親密な関係を築きたいと思うだろう。

しかし、女性がこの初デートを最も重要視しているという事実を知る男性は少ない。初デートで女性が2回目はないと判断する割合は5割にも上り、初デートの成功無くして今後の関係の発展はあり得ないのだ。

そんな女性たちには共通して行きたくない初デートの場所が存在するのだ。



Sponsored Links



女性が最も冷めてしまう初デートの場所

自宅または相手の自宅。

この調査結果は過去にパートナーエージェントが20~49歳の独身女性1,100人に行った「デート事情」調査の結果であり、その割合は全体の49.8%にも及ぶのだ。

しかし、厄介なのが約3割の男性が初デートを自宅または相手の自宅がいいと考えている点であり、この結果の違いには大きな男女の違いが存在する。

男性からしてみれば、初デートに自宅または相手の自宅を選ぶことは、今後の関係を含めてより良い関係を築いて行こうとの意思の表れである。しかし、女性は自宅での初デートは真っ先に「体目的」との結論に至ってしまうのだ。

実際は男性からしてみれば、「体目的」の女性だからこそ今後の面倒事を考えて自宅を選ばないものであるが、女性の解釈はそう男性の思う通りにはならない。

基本的に女性は初デートの際は男性と違い、もっと親密になりたいという感情ではなく、どういう男性なのか知りたい、という思いなのだ。云わば男性を品定めしている状態であり、男性は初デートの誘いを承諾してくれたから脈ありだと感じているが、女性は初デートからが始まりなのだ。

そんな男女の意識の違いが決定的な違いを生んでしまっているが、では逆に女性が最も行きたいと思う初デート場所はどこなのだろうか。



Sponsored Links



女性が最も行きたい初デートの場所

レストラン・カフェ…42.8%

という結果が出ている。

この結果は上記で説明した女性の初デートの思考に基づき説明ができる。

上述の通りに女性は初デートからが男性を見定めるスタートであり、初デートからがスタートになる。そのために初デートでは何よりも相手がどんな男性なのかをより知りたいのが女性の初デートの思考である。

そんな思考に最も適しているのがレストランやカフェになるのだ。レストラン・カフェであれば、会話も思う存分でき女性の男性を知りたいという欲を満たすことができるだろう。

そして、この初デートで女性にどんな男性か知ってもらったうえで、女性は男性として有りか無しかを判断していくのだ。

こうした女性の思考を知ることで、より意中の女性との関係をより深めていくことに繋がっていくだろう。

しかし、女性との会話の中で共通して嫌われてしまう会話のパターンというのも存在する。

・もしこんな会話があったら、初デートで嫌われるでしょう

又、デートの中で会話に困ることでてくるだろう。
そんな時にも活用できる会話術がある。

・もしデート中に沈黙が続くなら、行うべき6つの方法

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP