www-pakutaso-com-shared-img-thumb-shinbashi100014924

博多駅前陥没事故の渋滞状況!?地震の前兆とのうわさが広まる…大規模陥没の原因とは

11月8日の午前5時頃から始まった博多駅前陥没事故。縦横幅15m以上の巨大な陥没に多大な影響を及ぼしている。数日にわたり交通規制がかけられる予定であり、博多駅前陥没ということで交通規制による今後の渋滞状況も気になるところ。

博多駅前の陥没事故原因としては地下工事の影響が挙げられているが、にわかに地震の前触れではないかというおぞましいうわさも広まりつつあるが果たして、博多駅前陥没事故今後どのような展開を迎えてゆくのであろうか。



Sponsored Links



博多駅前陥没事故での渋滞情報

博多駅前陥没事故が博多駅前二丁目交差点から、はかた駅前通り起きたことで、博多口交差点から博多区役所南口交差点の区間で、通行止めになっている。平日でも3万人以上の通行人が行き交う博多駅前の大通りの交通規制ということで、大きな渋滞を引き起こしそうだ。ちなみに休日には東京都内の池袋や新宿並みの人が行き交う大通り。

博多駅周辺の道路では陥没事故のあった博多駅前通りのみが5車線の大型道路であり、周辺も今後復旧のため大型車両が頻繁に出入りすることからも、周囲への迂回を余儀なくされるだろう。

すでに博多駅から交通渋滞しているようで、陥没工事が終わる長期間にわたり、渋滞状況が続くことが考えられる。尚現段階で、渋滞状況を打開する提案などは出されておらず、陥没現場の復興を待つしかなさそうだ。陥没現場の復興もいつ完工するかも未定であり、長期間にわたる渋滞状況が続きそうだ。

そんな博多駅前陥没事故の原因が地震と関連性があるという恐ろしいうわさが広まりつつある。



Sponsored Links



博多駅前陥没事故の地震説

大規模地震には様々な前兆が報告されており、2016年度では福岡県曽根干潟でカブトガニが400匹以上が原因不明の死を遂げており、2004年度にも同様の現象で300匹が大量死。翌年の2005年度に福岡県西方沖地震が発生し、最大震度6の地震が発生した。

さらに近日では、11月6日から福岡市と北九州市で大型ではないにしろ、地震が立て続けに発生しており、北九州を震源地とする地震は70年ぶりのようだ。このように地震の前兆ともとれる報告が相次いでおり、今回の博多駅前陥没事故も地震の前兆なのではないかと考えられているのだ。

しかし、公表されている博多駅前陥没事故の原因によると地下掘削中に地盤から水があふれだし、地盤が崩壊していき、陥没が起きたとしている。地震との関連性よりも人為的な要因が大きいと考えられる博多駅前陥没事故だが、上述の地震の前兆も起きていることから別途地震が発生する可能性もあるかもしれない。

まだまだ復興作業が始まったばかりであり渋滞状況も続くであろう博多駅前。しかし、これだけの大きな事故にもかかわらずに負傷者が出なかったのは作業員の迅速な対応のおかげであろう。あとは一刻も早い復興を願うばかりである。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 39分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. mistake-876597_1920
  2. coffee-1283672_1920
  3. soybeans-182295_1920
  4. love-1643452_1920
  5. jacket-382581_1920 (1)
  6. urban-438393_1920
  7. palm-1635143_1280
  8. tokyo-tower-825196_1920
  9. building-1210022_1920
  10. salad-374173_1920
PAGE TOP