www-pakutaso-com-shared-img-thumb-tsu88_torininaretara

博多駅前陥没事故原因は?画像がヤバすぎる…博多駅前に出現の巨大空洞!!

11月8日午前5時頃から福岡県博多駅前道路陥没しているのが確認され、ガス漏れや停電などの被害が出ている。当初は道路の両脇が少々陥没していたのだが、徐々に陥没箇所が拡大していき、現在の一つの巨大な穴になるまでになった。

原因として、地下鉄延長の工事がかかわっているか、もしくは、下水管の老朽化による水の流出による空洞化なのか、と推測されている。現在博多駅前陥没事故の影響での死者は出ておらず、付近一帯は全面的に通行止めとなっているようだ。

この朝一からの衝撃的な画像は大きな反響を呼んでいる。



Sponsored Links



博多駅前陥没事故の原因

博多駅前陥没事故の原因として考えられているのが地下鉄の延長工事か下水の老朽化による水の流出による空洞化だ。博多駅前陥没事故に関しての「羽鳥慎一モーニングショー」報道によると、陥没した方向に七隈線延線工事を行っており、地下を掘削していたようだ。そんな地下掘削中に上から水が流れてきたために工事を中断し、原因調査のために一帯の道路に交通規制をかけていたところに陥没が始まったという。

現段階でも博多駅前陥没事故の原因は調査中のために特定はされていないが、今のところ最も陥没原因として有力視される。そして、「羽鳥慎一モーニングショー」の上から水が流れてきたとの報道内容から推測されるのが、下水の老朽化による水の流出による空洞化だ。

博多駅前陥没事故の画像から見て取れるように陥没箇所には巨大な下水が通っており、大量の水が流れ出ていることがわかる。七隈線延線工事で掘削を行っていたとしても、穴の形や大きさから掘削工事で影響が直に出ているとは考えにくい。それ故に元々老朽化していた下水から年月をかけて水が流出し、徐々に空洞化が進んでいっていたのではないかと考えられる。

だが、七隈線延線工事においては2014年10月にも、たて坑施工時の地盤改良が不十分だったために陥没事故を起こしている。今回の陥没事故も七隈線延線工事における不良であれば、今後大きな責任を問われてくることになりそうだ。



Sponsored Links



博多駅前陥没事故の画像

現在も博多駅前陥没事故の原因は調査中である。一時的にではあるものの、陥没は収まっている様子だ。今後の復旧作業にもどれほどの時間がかかるか推測は立っていないが、負傷者が出なかったことが幸いだ。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. aluminous-749358_1920-1
  2. pc-1207686_1920
  3. head-172351_1280
  4. man-742766_1920
  5. coffee-1283672_1920
  6. work-management-907669_1280
  7. building-1210022_1920
  8. tokyo-1343663_1280
  9. cruise-ship-interior-712257_1920
  10. book-1031359_1920
PAGE TOP