藤村俊二のレストラン閉店理由・『O’hyoi’s』(オヒョイズ)はいったんなぜ閉店した

藤村俊二が経営するレストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)が閉店したことが話題となってる。
藤村俊二は俳優や声優、タレントなど多岐にわたり芸能界で活躍。
他にも『O’hyoi’s』(オヒョイズ)の経営や俳優事務所・オフィスオヒョイの代表を務め実業家としても活動していた。
そんな藤村俊二は歳を重ねてもにじみ出る穏やかなでダンディーな人柄からもおヒョイやおヒョイさんとの愛称で慕われていた。
そんな中、藤村俊二はどのようなレストランを経営し、いったいなぜ閉店してしまったのだろうか。



Sponsored Links



藤村俊二のレストラン

藤村俊二が経営していたレストランは『O’hyoi’s』(オヒョイズ)。店舗を東京都南青山4-1-15アルティカベルテプラザB1に構え、美味しい食事と共にワインを堪能できるレストランとして1996年12月にオープンした。価格帯は1万円から1.5万円が目安であり、藤村俊二に会えるレストランとしても高い人気を得ていた。

一般的に芸能人がレストラン等を経営していても、芸能人が自ら店舗に足を運び客との交流を図る店舗は非常に少ない。しかし、藤村俊二は仕事の合間を縫って経営するレストランに足を運び、客すべての席を回り会話を楽しんでいたという。又、客の中には藤村俊二に会うためにレストランに通いつめ、ようやく会えた喜びを伝えたところティファニーのプレゼントをいただいた客もいた。

そんなサービス満点の藤村俊二経営のレストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)は、14年間の長期間にわたり愛され経営を続けていたが、2010年12月に閉店を余儀なくされてしまうのだ。



Sponsored Links



藤村俊二のレストラン閉店理由

藤村俊二の経営するレストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)の閉店に関して明確に閉店理由を述べられたことはない。そのために、高額な価格設定や料理やワインの味の不評からの経営不振の結果とする声も上がっている。しかし、大方の閉店理由としては、藤村俊二の体調不良にあるのではないかとされている。

レストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)の経営も長期間にわたるにつれて、経営者の藤村俊二も高齢化。藤村俊二が芸能活動を控える中で、レストランに立つことが困難になってきたのではないかとされている。そのためにレストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)経営後期には藤村俊二をレストランで見かけたという情報はほとんどなく、体調不良を心配する声が相次いだ。

経営者の藤村俊二も元々レストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)を開店した理由として、利益目的よりも客との交流に赴きを置いており、高齢化による体調不良に伴いレストランを預けるのではなく、閉店することを選んだのだろう。そんな惜しまれつつ閉店したレストラン『O’hyoi’s』(オヒョイズ)、現在でも店舗のブログは観覧可能な状態となっており、当時の客からは閉店を惜しむ声で今もあふれている。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP