越智大祐が不倫の最低な近況を週刊文春が!婚約不履行で2月中にも訴えられる!

越智大祐が不倫を行い結婚詐欺を働き婚約不履行で訴えられるという、最低な近況が2月9日発売の週刊文春に報じられた。越智大祐は2014年まで読売巨人軍で活躍した投手であり、2010年に一般女性と結婚し子供にも恵まれていた。しかし、2011年から不倫関係を築いておりさらには結婚詐欺を働き、現在では婚約不履行で訴えられる直前だという。



Sponsored Links



越智大祐の最低な不倫の近況

越智大祐は嫁と結婚した翌年の2011年からキャバクラ勤務の女性と、不倫関係を築こうとしていた。2人の出会いは2011年度の巨人軍恒例の宮崎キャンプの際であり、当時キャバクラに勤務していた不倫相手の女性に越智大祐が一目ぼれしたという。当時越智大祐は結婚していたものの、ホテルへの誘いや会いたいとの連絡が尽きることはなかったという。

不倫相手の女性も周囲にも越智大祐にも伏せていたものの、結婚しており子供もいた。そのためにすぐに2人が不倫関係に発展することもなく、数年間キャストと客という関係が続いていた。しかし、2014年になり浮気相手の女性は越智大祐に、嫁と離婚したために真剣に交際を申し込まれたのだ。

こうして2人は関係を持つようになったのだが、もちろん浮気相手の女性はまだ結婚している不倫関係であり、越智大祐も離婚したといったものの、実際には離婚していないダブル不倫状態であった。そんな関係が1年間続いた2015年になると越智大祐は不倫相手の女性に結婚して一緒になろうと告げ始まる。しかし、結婚していることを隠していた不倫相手の女性は素直に打ち明けることとなったのだ。

すると越智大祐は自身も嫁とは離婚したために、不倫相手の女性にも旦那と離婚するように指示したのだ。こうして不倫相手の女性は2015年12月に旦那と離婚し越智大祐と同棲を始めたのだ。そしてここから越智大祐は婚約不履行を働く最低な近況に繋がっていくのだ。



Sponsored Links



越智大祐の婚約不履行

越智大祐と同棲を開始した時にすでに婚姻届けも一緒に渡されており、不倫相手の女性は再婚できる時が着たら結婚しようと考えていたのだ。しかし、越智大祐は徐々に同棲していた宮崎から東京に出向くようになっていた。そしてこの時に不倫相手の女性はまだ越智大祐が嫁と離婚していないことに感づき問い詰めるのだ。

そして、越智大祐も素直にまだ嫁とは別かれていないにもかかわらずに、不倫相手の女性と結婚しようとしたことを認めたが、翌日には越智大祐は姿を消しており不倫相手の女性は結婚詐欺を行われていたことに気づいたのだ。2人の同棲生活は短かったものの、その間の生活費などは不倫相手の女性が支払っていたという。

こうした事実に不倫相手の女性は2月中にも越智大祐に対して、婚約不履行で訴えられると週刊文春に明かしていた。こうして元巨人軍のエースが思わぬ形で最低な近況を報じられることになったようだ。

関連記事
越智大祐が逮捕!?闇カジノに闇スロットが通いが週刊文春により発覚!!結婚詐欺も行っていた…



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP