エリートに共通するただ1つの休日の習慣

社会に出ると様々な出来る人と呼ばれる人々の存在に気がつく。

そんな出来る人々は年齢や性別はもちろん、
職種に生活環境等々バラバラだが、
ただ1つだけ出来る人々に共通した休日の習慣が存在する。

しかし、
多くの人々は出来る人々の習慣とは全く逆の習慣を行っているのだ。



Sponsored Links



出来る人に共通するただ1つの休日の習慣

出来る人に共通するただ1つの休日の習慣は生活リズムを崩さないことだ。

多くの人々が休日に犯しがちなのが、夜更かしに長時間の睡眠だろう。しかし、出来る人々は決してこのようなことは行わない。

確かに休日であればいつもより夜更かしをして楽しい時間を過ごし、仕事の疲れやストレス解消を図るためにも長時間の睡眠をとりたいものだ。しかし、これらを行うことで多くの人々が生活リズムを崩し、休日明けの仕事を苦に感じてしまう。

生活リズムのずれが生じるということは、体内リズムが崩れており仕事中の集中力不足や眠気に空腹など様々な問題を引き起こす原因となる。

そして、休日明けの仕事パフォーマンスに影響を及ぼし、再び仕事のリズムに戻るころには再び休日が入りという具合に仕事で高いパフォーマンスを維持することが出来ない原因にもなっている。

一方で出来る人々は休日も生活リズムを崩すことはない。そのために体内リズムも崩れることなく、仕事中は常に体と脳が活動状態を維持できる。それ故に必然的に高いパフォーマンスを可能にしている。

しかし、このような休日の過ごし方では仕事の疲れやストレスも解消することができないと思われるだろう。だがここに大きな差があるのだ。



Sponsored Links



出来る人々の休日の過ごし方

出来る人々は休日も生活リズムは崩さずにいつも通りに睡眠に食事をとっていく。

そして、起床して体を活動状態にした後は各々の好きなことを開始する。もちろん遊びに出かける人物もいれば、家事を行うもの、スキルアップを目指し勉学に励む者等様々だ。

こうすることにより、仕事のストレスの解消を図っていく。しかし、そんな出来る人々にも日々の疲れで睡魔に襲われるときもある。そんな時に行うのが昼寝である。

日本ではあまり知られていないが昼寝には非常に高い睡眠効果が存在し、夜の睡眠の倍以上の睡眠効果を得られるのだ。海外ではこの睡眠効果は広く知られており、海外大手企業では昼寝を取り入れているところは多い。

一説には1時間で6時間の睡眠に相当する効果を得られるともいわれているほどだ。出来る人々は昼寝を活用し効率よく睡眠効果を得ており、短時間の昼寝ということもあり、夜も支障なく睡眠に入れるのだ。

このように出来る人々の休日の過ごし方も多様であるが、ただ1つ生活リズムを崩さないことだけは皆が共通している習慣なのだ。
そして、出来る人同様に成功者にも共通した習慣が存在する。

・大成功した人物たちの毎朝行うたった4つの成功への習慣

又、成功者は同時に失敗のリスクも十分に把握している。

・成功者は皆知っている…失敗を導く4つの悪癖

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP