大成功した人物たちの毎朝行うたった4つの成功への習慣

大成功を収めた人物といってもビジネスマンにアスリートなど様々な職種が存在し、様々な成功の形がある。
さらにそれらの環境も皆違い、大成功を収めるにあたって同じ条件下というものは存在しない。

しかし、そんな異なる環境下にあっても成功者たちは、進むべき成功への道をただひたすらに歩み続ける。そうすることが、大成功への唯一の道だと成功者たちは皆知っているからだ。

そんな成功者たちが成功への道を歩むために皆が取り入れているのが朝の習慣だ。



Sponsored Links



■目次

1.運動をする
2.朝食を食べる
3.マインドフルネス状態にする
4.短期的な目標設定

運動をする

運動することによってストレス解消効果を得られることは知られているが、その先はあまり知られてはいない。

運動を行うことにより一種の達成感を味わうことができ、習慣的に行うことによって徐々に意識を前向きに変えることを可能にするのだ。

前向きな意識プラス思考は大成功を収めるには必須な要素であり、プラス思考を欠き成功を成した人物は1人としていない。

運動により前向きな姿勢になることは多くの研究結果で明らかになっており、1週間に2回程度の運動でも効果は発揮できる。

朝食を食べる

近年の日本では朝食を食べる習慣が減少しつつある。しかし、朝食を食べることで得られる効果は多岐にわたる。

朝食を欠いてしまうと個人差はあるが昼食まで12時間以上何も食べないということも珍しくない。そんな空腹状態では人間の脳が持つ働きを発揮できずに高いパフォーマンス性は得られない。

さらに朝食を欠いた極度の空腹時の食事は、体が即座にエネルギーを吸収しようと働き、消化活動に多大なエネルギーを消費してしまう。

人間のエネルギー量は限られており、消化に多大なエネルギーを欠くことによって昼食後には眠くなるという現象も発生し、昼食後のパフォーマンス性を低下させる要因になる。

このような事態を防ぐためにも朝食は必須であり、朝から生産的に活動を行うためには朝食はなくてはならないのだ。



Sponsored Links



マインドフルネス状態にする

マインドフルネスとは日本語で言うところの集中や覚醒などの状態に当てはめることができる精神状態を指す。

このマインドフルネス状態を維持することにより、集中力が増加し生産性が向上するのだが、その他にも創造性や心をも豊かにする効果が研究結果で報告されており、近年では海外を中心に多くの成功者たちが行っている。

短期的な目標設定

この目標設定は細かければ細かいほど効果的であり、その目標通りに物事を進めようと努力することが最も重要だ。

人は目指すものがあってこそ、そこに向かって努力し続けるものであり、目標がないものに関しては終りも見えずに努力の継続は不可能だ。

そんな状態に陥らないためにも日々目標を定め、目標達成に向けて努力を重ねることで、長期的に大きな目標にたどり着けるのだ。

大成功を収めた人物たちに一見共通点は存在しなそうなものであるが、1日の始まりである朝を大切にしていない成功者は誰1人としていない。

欧米諸国においても出来る人物こそ朝の時間を大事にするとされ、日本にも古くから早起きは三文の徳という言葉もある。

限られた人生の時間の中でいかに効率よく過ごすことができるのか。そして、そのためにどれほど朝のスタートが重要なのかを知っていなければ、成功はあり得ないのだ。

そして、成功者は失敗についても共通の認識を持っている。

・成功者は皆知っている…失敗を導く4つの悪癖

又、成功者含め出来る人たちが皆共通に行っているただ一つの休日の習慣がある。

・エリートに共通するただ1つの休日の習慣

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP