ダイエット肉の効果は!?松山ケンイチが食す「食べれば食べるほど痩せる」驚異のダイエット肉とは

11月17日に放送される「櫻井・有吉THE夜会」にて、役作りのために激太りした松山ケンイチへの究極ダイエット法が紹介される。なんと食べるだけで痩せることができる、ダイエット肉と云うのだ。果たして、食べれば食べるほど痩せるダイエット肉にはどのような効果があるのだろうか。

「櫻井・有吉THE夜会」では、そんな、ダイエット肉を提供している、芸能人所縁の店舗3店舗が紹介されるという。



Sponsored Links



ダイエット肉の効果と店舗

「櫻井・有吉THE夜会」にて、松山ケンイチに紹介されるダイエット肉を扱う店は、「中尾彬の通うモンゴル料理、骨付き羊肉」「照英、絶賛の赤身肉ステーキ」「世界中のトップアスリートが注目しているカンガルー肉」の3店舗になる。

中尾彬の通うモンゴル料理、骨付き羊肉の店舗として紹介されるのは、「モンゴリアンチャイニーズBAO」
骨付きの羊肉、ラム肉をメインにした肉料理が提供される。ラム肉は肉の中でも非常に低カロリーで知られ、100gあたり牛肉が298kcal、豚肉が386kcal、に対してラム肉は227kcalなのだ。ちなみに鶏肉は部位により、200kcalとラム肉よりも低カロリーであるが、他の面を含めるとラム肉の方が、ダイエットに適しているのだ。

ラム肉にはLカルニチンが牛肉の1.5倍、豚肉の2倍含まれており、鶏肉には存在しない成分になる。このLカルニチンは、筋肉細胞内で脂肪酸をエネルギーに変える働きを有しおり、Lカルニチンを豊富に摂取することで脂肪燃焼効果を高めるのだ。

さらに肉類において心配なコレステロール値も100gあたり、牛肉が65㎎、豚肉が69㎎に対し、ラム肉は50㎎と低いのだ。他にもラム肉の脂肪は、他の肉類の脂肪よりも溶けにくく、体内で吸収されにくく、ダイエットにもってこいの肉なのだ。

続いて紹介される照英が通う絶賛の赤身肉ステーキ店は、「モンスターグリル五反田店」
モンスターグリル五反田店では、牛の厳選した赤身のみを使用したメニューが提供される。赤身には人間の筋肉の下となるたんぱく質が豊富に含まれている。さらに他の肉類と比べても牛肉のタンパク質量は豊富であり、100g当たり、鶏肉23g、豚肉22.8g、ラム肉19gに対し、牛肉28gも存在するのだ。尚、人体の植物性よりも動物性の方が筋肉構成にはよいとされている。

タンパク質の多い牛肉を食べることにより、筋肉をつけて、消費カロリーを増やすことで、痩せることができるのだ。



Sponsored Links



そして、もう一つ紹介される店舗が、究極の赤身肉!! カンガルーのランプステーキだ。店舗名は明かされていないが、カンガルー肉最大の特徴は、驚異の体脂肪率。なんと鳥のささみ以下の体脂肪率を誇り、非常に体脂肪率が低いのだ。さらにカンガルー肉に含まれる脂肪にも大きな特徴が存在する。

カンガルー肉に含まれる脂肪は、リノール酸と云い、脂肪なのにもかかわらずに、体脂肪を燃焼させる効果があるのだ。体脂肪率が低いうえに、体脂肪を燃焼させるカンガルー肉、まさに食べれば食べるほど痩せるダイエット肉なのだ。

「櫻井・有吉THE夜会」ではこれら3店舗が、松山ケンイチが足を運び、ダイエット肉のおすすめ店舗として紹介される。食べても痩せることができる夢のようなお肉。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP