hands-545394_1920

汗をかく場所が年齢とともに変化するのには汗腺の衰えが影響していた

年々年を重ねるごとに汗をかく場所が変化していき、
何らかの病気ではと不安に思ったことはないでしょうか。

しかし年齢とともに汗をかく場所が変わっていくのには、
汗腺の働きが大きく影響しているのです。

そこで年齢と汗腺の働きについてご紹介し、さらに汗腺の働きを向上させる方法もご紹介。
この方法を知ることで年齢を重ねても汗を効果的にかくことができるでしょう。



Sponsored Links



汗をかく場所は年齢と汗腺の影響を受ける

人間の体中には200万-500万個の汗腺が存在しており、
汗腺の一つ一つが体温調節のために働くために汗をかきます。

しかし
この汗腺は個人差はもちろんのこと日々の活動や働き方によって大きく効果は変わってくるのです。

日頃から活発に汗をかき汗腺を働かせている人は年齢を重ねても日常的に汗腺が働いていたために
汗腺の働きは落ちにくいですが、汗をかかずに汗腺を働かせなかった場合は汗腺が衰えてしまいます。

いざ体温調節のために汗をかこうとしてもすでに正常な働きを失ってしまっているため、
汗が出せずに代わりに汗腺が比較的多いとされている額や脇から大量に汗をかいてしまうのです。

そして年齢を重ねるごとに汗腺を働かせる機会が減っていき徐々に汗腺が衰えて、
必然的に汗をかく場所が限られてきます。

このようにして汗腺が働かずに汗を効率的にかけなくなることによって体の熱を下げにくくなり、
熱中症になるリスクもはるかに上昇してしまうのです。

そこで年齢を重ねても汗腺の働きを衰えさせない方法をご紹介します。



Sponsored Links



汗腺を衰えさせない方法

年齢を重ねても汗腺の効果を衰えさせないために今からでも行える方法は

  1. 適度な運動
  2. 半身浴
  3. リフレッシュ

これらの3点あげられます。

適度な運動を日常的に行うことによって日頃から汗をかき汗腺を
働かせることで体中の汗腺の衰えを防ぐのです。

さらに半身浴では体を体内から温めることによって衰えていた汗腺を開かせる効果があります。
特に手や足先を刺激して体の末端までの血行を良くして体の隅々の汗腺を刺激することができるのです。

汗は自律神経の働きによってかくのですが、ストレスがたまることによって自律神経を乱してしまい、
汗の働きをコントロールできなくなってしまい、汗腺をうまく働かせることができなくなります。

そこで定期的にリフレッシュすることでストレスを溜めずに自律神経の働きを保ち、
汗腺の働きも正常を維持するのです。

これらの3点を今のうちから行っておくことで年齢を重ねても汗をかく場所が一定になったり、
変化することなく効率的に働かせることができより健康を維持することにつながるでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 38分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. beer-820011_1920
  2. book-731199_1920
  3. tokyo-tower-825196_1920
  4. shower-1502736_1920
  5. fruits-82524_1920
  6. apple-691282_1280
  7. man-1209546_1920
  8. men-1198041_1920
  9. man-979980_1920
  10. man-742766_1920
PAGE TOP