man-979980_1920

朝シャワーのデメリットは4つ!本当は怖い朝の習慣の対処法

欧米では主流とされる朝シャワーですが
日本ではデメリットがあるとあまり好まれていません。

確かに朝シャワーにはデメリットが存在します。

しかし適切な対処を行うことによりデメリットもなくなるのです。
そこで朝シャワーのデメリットとデメリットの対処法をご紹介。

これで朝シャワーを快適に過ごすことができるでしょう。



Sponsored Links



朝シャワーのデメリット

朝シャワーには確かにデメリットが存在し

  1. 疲労が取れない
  2. 脱水症状や脳出血の可能性
  3. ヒートショック現象
  4. 頭皮へのダメージ

これらの4つが挙げられています。

1.疲労が取れない

シャワーを浴びる事で体を温め筋肉の緊張をほぐし血流を良くして疲労回復効果も得られています。
しかし夜シャワーに入らないでいると血流が良くならずに寝ても疲労が取れないという現象に陥り、
疲れが取れないとなるのです。

2.脱水症状や脳出血の可能性

睡眠時は大量の汗をかくことで血液がドロドロになり血流が悪くなっています。
そんな中、朝シャワーを浴びて血流を良くしてしまうと血管が血圧に耐え切れず破れてしまう脳出血が
生じてしまう可能性や脱水症状に陥る可能性があるのです。

3.ヒートショック現象

冬場にみられることが多いのがヒートショック現象で温かい布団の中から寒い室内を経てシャワーで温まる、
という短時間での体温の上下が体に負担を与え心筋梗塞などを引き起こす可能性があります。

4.頭皮へのダメージ

頭皮は夜寝ている間に頭皮に油の膜を敷きます。
この膜が紫外線などから頭皮を守りダメージを軽減しているのですが、
朝シャワーに入ることで膜を落としてしまい紫外線などが直接頭皮にダメージを与えてしまうのです。

これらの4つが朝シャワーのデメリットとして存在します。
しかし
これらのデメリットも正しい対処法をとれば問題なくなるのです。



Sponsored Links



夜はしっかりとシャワーを浴びて朝シャワーは水分補給をして室温を適温にしてから、
軽く汗を流す程度に入るのです。

これらを行うことで朝シャワーのデメリットをなくすことが可能になります。

夜にシャワーを入ることで疲れが取れないということは無くなり、
朝シャワー前に水分補給することで脱水症状などの危険性もなくすのです。

さらに温度を適温に保っておくことでヒートショック現象を防ぎ、
軽く浴びることで頭皮へのダメージを減らします。

ここで気を付けるべきは軽く浴びるということです。

朝シャワーでよる同様にシャンプーをしたりすると頭皮などの必要な膜が剥がされ、
さらに乾燥肌を招く原因にもなります。

なので朝シャワーは流す程度にしておくことでデメリットなく快適な朝シャワーを過ごせるのです。

朝シャワー入ることで朝からさっぱりし気持ちよく一日を迎えられます。
しかしそこにデメリットが存在しては意味がありません。
適切な対処法を行いデメリットなくすことで一日をより快適に過ごすことを可能にするのです。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP