fashion-1399344_1920

朝二度寝してしまう原因と知ったら起きずにはいられない衝撃の事実

目覚ましのアラームで起床するもあと5分と朝二度寝してしまう事が多い現代人。
仕事に遅刻する原因の7割を占めるのがこの朝の二度寝だ。

しかし
遅刻する恐れがあることを知っていても辞めることができない朝の二度寝だが、
いったい何が原因で二度寝してしまうのだろうか。

そこで朝二度寝してしまう原因をご紹介しよう。

この原因を知ることで朝の二度寝をなくすことができるだろう。



Sponsored Links



朝二度寝してしまう原因

すっかり習慣化してしまった朝の二度寝というのは簡単にはやめられないものだ。
しかしなぜ習慣化してしまうほどに二度寝を繰り返してしまうのか。

実は二度寝には大きな原因として

  1. 睡眠の問題
  2. 精神的な問題

この2点が考えられる。

どちらか一方の問題を抱えていても朝二度寝してしまう原因に成り得るのだ。

1.睡眠の問題

二度寝の原因は睡眠そのものが原因ではないかということだ。
睡眠時間、睡眠の質、起きるタイミング、等々睡眠の問題といっても原因は多岐にわたる。

現代人は年々睡眠時間が減少傾向にあり社会人の平均睡眠時間が7時間を切っているのが現状だ。

本来人間がとるべき睡眠は7-9時間が理想とされ睡眠時間が短くなることで疲労回復が果たせなかったり、
脳の活動機能自体が徐々に低下してきてしまう。

常に睡眠時間の少ない状態にある現代人にとっては脳がさらなる睡眠を求めるのも極自然な話なのだ。

さらに近年は睡眠の質を下げる要素が増えておりテレビやパソコン、スマホなどを就寝前に扱うことも、
脳は光という刺激を受けて目覚める仕組みになり、就寝直前まで刺激を受け続けた脳はすぐに活動機能を
下げることができずに深い睡眠に入るのに時間がかかってしまう。

人間の睡眠による疲労回復効果は眠りの深いノンレム睡眠時に得られる効果であり、
脳が活動を休めない限りノンレム睡眠には至れずに疲労回復効果も得られずに
いくら寝ても眠いということになるのだ。

そしてこのノンレム睡眠時に目覚めることが最も覚醒しやすい、つまり起きやすいといわれている。
今まで休んでいた脳が一気に覚せいするために目覚めがすっきりした感覚になるからだ。

反対に眠りが浅く脳が活動し夢を見ている状態だと起きても脳が中々活発化せずに、
朝二度寝してしまう原因に成る。

これらの睡眠時間の低下、睡眠の質の低下、起きるタイミングの問題が
二度寝してしまう可能性を大きく向上させている。

2.精神的な問題

睡眠の問題より現代社会人によく見られるのが精神的な問題による朝の二度寝だ。
朝起きたものの『仕事行きたくない』『仕事が嫌だ』という現実逃避のから布団にこもり二度寝してしまう。

この精神的な問題は非常に解決が難しいのが現状であり最悪の場合すでにうつ病の可能性も考えられる事態。
主に現実逃避に至るのはストレスが原因だがストレス解消をはかっても、
続くようであれば速やかに診察を受けたほうが良いだろう。

うつ病は現代社会では数年前に比べて倍以上に患者数を増え中々自覚症状に気づけないことも多い。
どうしても朝二度寝してしまう原因が精神的な問題にあるのであれば一度うつ病を疑ってみてもいいだろう。

これら2つの問題が朝二度寝してしまう原因として考えられる。
二度寝の習慣を取り払うにはこれらの問題を個々に解決していくのが最も効果的であり、
その方法しか真に二度寝を克服したとは言えないだろう。

しかし
社会人の中には二度寝してしまう割合が大いにもかからわず同じ条件下でも二度寝しない人たちもいる。
いったい両者の違いは何なのか。
そこには二度寝しない人たちにはある共通点が存在したことが明らかになっている。



Sponsored Links



年収が高い

朝二度寝しない社会人たちは年収が高いという調査結果が存在するのだ。

これは二度寝する人の割合を年収別で比べた結果

1位:年収 400 万円未満・・・70.9%

2位:年収 400 万~700 万円・・・66.5%

3位:700万円~1,000 万円・・・61.6%

4位:1000 万円以上・・・54.7%

(全体平均:63.5%)

年収が低い社会人のほうが圧倒的に年収が低いという調査結果が出ているのだ。

さらにほかにもアメリカの雑誌が独自に行った調査においてもエリートサラリーマン
と呼ばれる社会人の7割以上は朝早起きし各々の趣味やスキルアップ等に時間を使っているのだ。

これら朝二度寝しない社会人に共通している考えは朝の時間の有効活用であり、
二度寝することの時間の惜しさを感じているようだ。

人生という限られた時間の中で如何に時間を有効活用し自身のために使うことができるのか。
そう考えると必然的に二度寝してしまうことなど考えられない。

この朝のわずかな習慣の違いが会社での成績すなわち年収にも結び付いているという結果だ。

朝二度寝してしまう原因も多々あるのも現実だがそうした中でも自身を高めきれた者が成功を収めている。
どうしても朝眠い時でも自身の成功さえイメージできていれば睡魔に負けることもないだろう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. portrait-915230_1920
  2. tokyo-960256_1920
  3. alcohol-428392_1920
  4. sleeping-1353562_1920
  5. lunch-box-1176449_1920
  6. coffee-690349_1280
  7. cruise-ship-interior-712257_1920
  8. pillows-820149_1280
  9. tie-690084_1280
  10. boy-828850_1920
PAGE TOP