あなたは、日頃から早歩きをしていませんか。歩き方でわかる○○

他人からどのように見られているか、と云うのは人間誰しもが気になるものだ。
しかしそんな男性の歩き方であることがバレてしまうのだ。

歩くという行為は日常生活を送る上では必要不可欠であり、成人男性であれば1日約8000歩、歩いている。
そんな歩き方でバレてしまうモノとはいったい何なのであろうか。



Sponsored Links



歩き方で発覚する男性の恋人の有無

歩き方で恋人の有無が発覚してしまうことが、ドコモ・ヘルスケア株式会社の調査の結果判明した。

この調査はドコモが販売している「ムーヴバンド3」という製品購入者を対象に約400人に行われた調査の結果判明したものであり、恋人がいる人といない人では歩き方に決定的な差があることが判明したのである。

成人男性の1日あたりの歩く歩数は約8000程度であり、恋人の有無にかかわらずに1日当たりの平均歩数は大差のない調査結果となった。
しかし、歩き方には大きな差が出ることとなった。

恋人のいる人は1日当たり約1800歩ほどの早歩きを行っていたことが判明したが、恋人のいない人は約2500歩ほどの早歩きをしており、恋人のいない人は恋人がいる人に比べて、約1.3倍ほど早歩きをしていることが判明。

さらに恋人のいる人は1日当たり約180歩ほど走っているが、恋人のいない人は約280歩ほどと走っていることが判明し、恋人がいる人に比べて恋人がいない人は、約1.5倍も走っていることが明らかとなったのだ。

これらの結果から恋人がいない人ほど、早歩きや走る傾向にあることが判明したのだ。ちなみにこの結果は女性にも当てはまるものであったが、早歩きに走る両方において男性の方が大きな差が出る結果となった。

しかし、いったいなぜ恋人の有無によって歩き方に変化が起こり得るのであろうか。



Sponsored Links



恋人の存在によって心に落ち着きが生じるためと考えられている。

上述の歩くという行為の中で、早歩きに走るという行為は急ぐ行為である。これらを引き起こす原因は、時間に余裕がないことを表している。
そして、時間に余裕を作れない原因は心に余裕がないからである。

しかし、恋人の存在と云うのはどんな状況であれ、安心感や安らぎを与えるものであり心に余裕を持たせてくれる。
この心の余裕が時間の余裕をも生みだし、歩くという日常行為にまで影響を及ぼしているのではないかと考えられている。

恋人の存在によって日常行為の歩き方にまで変化を及ぼしていたとは、男性にとって恋人の存在とは大きな存在意義のあるなのだろう。

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP