audience-868074_1920

有吉反省会 シークレットガイズ反省内容に隠された活動の真実

9月3日放送の有吉反省会にメンバー全員がオナベというシークレットガイズが出演し、
おもしろい要素がてんこ盛りなのにライブのMCがスベッていることを反省するようです。

最近テレビ出演なども増えてきているシークレットガイズ
番組共演者や業界人からもトークが上手くて面白いと評価は上々なようですが、
ライブ時のMC時だけスベッているのにはある理由がありました。

しかし
その理由はシークレットガイズ活動の目的でもある重要なことだったのです。



Sponsored Links



有吉反省会 シークレットガイズ反省に隠された真相

体は女性で性自認が男性というオナベのマイナスイメージを払拭するため、
ライブのMC時にはあえて最初から下ネタをいい結果スベッているのです。

シークレットガイズはアイドル活動もさながらに自身らの真の活動目的を
メンバーそれぞれの経験からオナベに対する世間のマイナスイメージを払拭し、
もっとポピュラーで明るい存在にしていくことを活動目的としています。

そして
より多くの体は女性で性自認が男性の人たちに明るく生きてほしい、
また、そうしやすい社会になってほしいということを目指して活動されていたのです。

それゆえのマイナスイメージを払拭するため、性に関する偏見を訴えるために、
あえてライブのMC時にのみ下ネタを扱っています。

シークレットガイズのライブのMC時の下ネタは
もちろんテレビでは発言することはできません。

しかし
どうしても自身らの性に関することを訴えたいが為に、
笑いを交えた下ネタという形をライブMC時にのみ使っているのです。

テレビでいかなる理由であれ下ネタを使用し続ければ、
いずれテレビ出演もなくなってしまい、活動拡大が図れなくなってしまいます。

そのためにテレビ出演時にはシークレットガイズの活動目的でもある
下ネタを控えトーク力で勝負し高評価を得て、
規制の少ないライブ時にはMCとして、業界から高評価を得ているトークを押さえて、
活動目的の下ネタを織り交ぜているのです。

このような活動目的が存在するシークレットガイズですが、
有吉反省会ではのっけから下ネタですべっていることを反省されるようですが、
これもシークレットガイズの活動のための様子。



Sponsored Links



まだまだ知名度の低いシークレットガイズ、
ライブといっても地方の小会場での活動がメインになり、
そこでいくら活動目的である体は女性で性自認が男性という病を社会に訴えたところで、
大きな効果は期待できないのです。

そこでいかなる理由であれ宣伝効果の高い
テレビに出演し続けることで知名度を上げることが、
シークレットガイズの活動目的を達成するための近道。

それゆえにシークレットガイズが故意に下ネタを扱っていても
そのことが原因で反省しているという旨で、
人気番組の有吉反省会に出演しなければいけなかったのです。

トーク力に定評があり、今までのテレビ業界にないオナベアイドルグループということで、
テレビの活躍も期待できるシークレットガイズ
果たして今後テレビで大きなブレイクを果たすことができるのでしょうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. iphone-518101_1920
  2. erotic-1524731_1920
  3. clock-577753_1920
  4. beer-820011_1920
  5. hands-1408480_1920
  6. food-1257321_1280
  7. urban-438393_1920
  8. tokyo-tower-825196_1920
  9. lunch-box-1176449_1920
  10. wild-865292_1920
PAGE TOP