阿武孝雄が不倫で国家機密漏洩!?フライデーされた警視庁高級官僚……

2月10日発売の週刊誌フライデーに警視庁の高級官僚、阿武孝雄の不倫に国家機密漏洩の実態がスクープされた。
阿武孝雄は1995年に警視緒に入庁後、北海道や神奈川県など各地で課長を務め、2011年には若干38歳という異例の若さで県警の警務部長に就任した人物だ。ちなみに警務部長の階級は県警内でナンバー2にあたる。
そんな阿武孝雄には嫁と3人の子供が存在する。
しかし、
今回のフライデーのスクープは不倫相手の女性からもたらされた、1年間にわたる不倫関係と国家機密漏洩の衝撃事実であり、警視庁の高級官僚の今後に大きく影響するものであった。



Sponsored Links



阿武孝雄の不倫関係をフライデー

阿武孝雄の不倫関係を報じているフライデーには、大々的に女性ものの靴のにおいをかいでいる阿武孝雄の姿が取り上げられている。他にも不倫相手の女性曰く、ストッキングや下着などを被ったりすることもあったようだ。

そんな不倫関係をフライデーに吐露したのは女優香里奈似の会社員の女性だ。2人の関係が始まったのは2015年の11月のことであり、不倫相手の女性が用品の納入のために警視庁を訪れていた時に、阿武孝雄と名刺交換をしたことがきっかけだった。

名刺交換以降阿武孝雄からの必要なアプローチは続き、不倫相手の女性も阿武孝雄が既婚者であることは知っていたものの、「君と結婚したい」との言葉に負けて関係を持ってしまったようだ。
そして、不倫関係が始まったものの、デートなどの費用はすべて不倫相手の女性持ちであり、いつしか100万円以上費やしていたという。しかし、阿武孝雄は嫁との離婚は進まずにいつか結婚できるの一点張りであったようだ。

そんな関係が続いた半年間続いたことになると不倫相手の女性が勤めていた会社の経営が悪化し始めた。そのために今まで捻出し続けたデート代などを算出することが難しくなり始める。するとあっという間に阿武孝雄との結婚の話はなくなってしまったという。
しかし、いつかは結婚できると思い1年間阿武孝雄との関係を持ち続けたという。
だが、結局2人は結ばれることはなく、1年間に及ぶ不倫は幕を閉じたのであるが、阿武孝雄はこの間に国家機密漏洩という違法行為を犯していたのである。



Sponsored Links



阿武孝雄の国家機密漏洩をフライデー

不倫相手の女性と阿武孝雄との関係が良好であったころ、阿武孝雄は仕事で使用しているノートを見せてきたことがあったという。そのノートには警視庁の不祥事報告や伊勢志摩サミットの警備方針等までの様々な国家機密が記されていた。
そのノートも不倫相手の女性は写真に収めており、フライデー記者は確認しているようだ。

不倫相手の女性がこの国家機密を他言しなかったためにも、大きな問題にこそならなかったかもしれないが、伊勢志摩サミットのような国際会議の情報をこれほど簡単に漏洩していては、国防の観点からも危ういとしか言いようがない。

現在この国家機密漏洩に関することは警視庁で捜査中とのことである。
今まで積み上げてきた警視庁高級官僚の地位を不倫により、阿武孝雄が手放すときも近そうである。

関連記事
警視長不倫報道は誰!?名前は阿武孝雄と特定…同日にフライデーも同様のスクープ報じる



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP