雨宮まみの死因は自殺!?病気なしの40歳が作中の文言通りの年齢で亡くなる不自然な現象に憶測広まる

11月17日に「女子をこじらせて」「自信のない部屋へようこそ」で知られ、流行語のこじらせ女子の生みの親である雨宮まみが、11月16日に死去していたとの連絡を、関係者が受けていたことが発覚した。雨宮まみはまだ40歳であり、病気等の噂もささやかれておらず、亡くなる連絡の前11月14日にもツイッター上に投稿が見られることからも「死因は何だ」と注目を集めている。

一説には自殺説も飛び交っているが、果たして雨宮まみが亡くなった死因とは何なのであろうか。



Sponsored Links



雨宮まみの死因が自殺

雨宮まみが自殺だとする説にはいくつかの理由があるが、最大の要因は作品中に散りばめられた死への意識とブログの投稿からである。雨宮まみはライターとして飾らない自分気質な作風も人気を集めていた。そんな作品の中の1つ、現在連載中であった「40歳が来る!」は「40歳になったら、死のうと思っていた。」と衝撃的なフレーズから物語がスタートする。この文面自体は桐野夏生の「ダーク」に用いられているものを使用したものだが、何も意図せずに作品に組み込んだとは考えにくい。

さらに2016年の6月に更新した自身のブログには「死にたくなる夜のこと」とタイトルをつけて、死への意識をつづっている。

死にたくなる夜のこと

死にたくなる夜というのが、やってくる。
たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、

眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、

朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる。

「死んでもいいですか?」と、誰かに訊きたくなる。

これらは40歳を目前にした雨宮まみが、死を目前にとらえていた表れではないか、とされているのだ。確かにこれらを知ることで雨宮まみが精神的に不安定な状態もしくは、死を意識していた可能性が非常に高く感じられる。そこに加えて現れているのが40歳という早すぎる死に、死因が公表されておらずに、内密にお別れ会を開いていたということだ。



Sponsored Links



雨宮まみの死因を公表できない理由

通常著名人の死であれば、死因を公表することが常となっている。極稀に死因を曖昧にした訃報が流れるが、大抵は黒いうわさが絶えない時である。それに加え、雨宮まみに関しては病気等の報道すら一切流れたこともなく、40歳で亡くなるほどの大病であれば、事前にマスコミに察知されないはずがない。

さらに亡くなった知らせを関係者が受けた17日の3日前の14日には雨宮まみ本人はまだ生きており、ツイッター上に投稿をしており、健全な状態であったことがうかがえる。つまり、死因として考えられるのは、急死なのである。しかし、40歳という若さで持病もない上での急死と死への意識をつづった作品にブログとが存在することからも、自殺を図ったのではないかと噂されているのである。

突然の雨宮まみの訃報に悲しみの声が広まっているが、果たして、本当の死因とは何だったのであろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP