sor0116-001

愛知県で地震雲が10月に入り相次いで確認される様子がTwitterに投稿される!

Twitterを中心に10月29日ごろから愛知県三河付近での地震雲の目撃情報が相次いでおり、近日の地震発生を予期させているツイートが拡散されている。
地震雲とは巨大地震が起こる前兆として目撃される傾向にあり、雲の形が放射状や渦巻状に直線状など様々な種類が確認されている。通常の雲は大気の風の流れの影響により、長時間特異な形状のまま止まることはないものの、地震雲においては長時間同じ場所に存在し続け、明らかに通常の雲とは異質な雲。一説には地震が起こる前兆の特殊な磁場の影響によって、発生するために長時間同じ場所に存在し続けられるのではないかと考えられている。



Sponsored Links



10月に愛知県で目撃が相次ぐ地震雲の信憑性

2016年の現在科学において、地震雲と地震発生とを裏付ける決定的な要因は特定されていない。しかし、地震雲と地震発生の可能性が全くないとも言い切れるものでもなく、実際のところは科学で地震雲と地震発生の立証ができないために関係性はないと公表しているにとどまっている。

だが、日本では以前より、巨大地震の際は地震雲が目撃されており、今尚も語り継がれていることからも何らかの関連性があるのかもしれない。ちなみに地震雲の目撃から地震発生までの期間としては、2週間から地震発生直前が主であるために、近日Twitterに投稿されている地震雲の情報から11月中旬までは愛知県付近では地震発生の可能性を考慮しておいた方がよいのかもしれない。

地震雲と地震発生の根拠がないだけに巨大地震が発生するとは断言できないも、発生に備えておくことで最悪の状況を回避することができる可能性がある。年間1000回以上もの地震が発生している日本だからこその迷信かもしれないが、それ故に科学では証明できない法則性を地震雲に見出しているのかもしれない。

しかし、愛知県での地震雲の目撃と云うことで、最も脳裏に浮かぶのが南海トラフ地震の可能性である。



Sponsored Links



30年以内に発生する可能性が70%とされている南海トラフ地震。過去にロシアが発表したデータでは2016年での発生の可能性を支持していた。さらに近日に発生した鳥取地震も南海トラフ地震の発生の可能性を表しているとされている。

過去に南海トラフ地震が発生したのは1887年であり、その前から地震が1863年越中地震、1869年陸奥沖海溝地震、熊本地震、1880年出雲地震と続いてから発生していた。そして、近年も2007年中越沖地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震、鳥取地震と相次いで発生しており、過去の発生酷似しているためにも、いよいよ南海トラフ地震が来るのではないかとも考えられている。

10月に入り愛知県で目撃されている地震雲は、もしかしたら南海トラフ地震の発生を示しているのかもしれない。科学的根拠はないものの、関連性を否定できる根拠もないために事前に対策を講じていた方がよいのかもしれない。



Sponsored Links





Winner Topics


Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. fruit-1593544_1920
  2. burnout-384086_1920
  3. pc-1207686_1920
  4. man-164217_1280
  5. cigar-1473699_1920
  6. bathroom-1281614_1920
  7. move-779696_1920
  8. portrait-915230_1920
  9. treatment-1327811_1920
  10. soybeans-182295_1920
PAGE TOP