syringe-435809_1920

アデュカヌマブ 日本にも認知症を治すワクチンが3年以内に

認知症を治す奇跡のワクチンアデュカヌマブが完成間近のようです。

高両省によると現代の日本において認知症の患者は462万人となっており、
将来的には65歳以上の5人に1人が認知症になると考えられています。

現代医学においても原因不明なところが多く、
発症したら薬により症状を遅らせることが限界とされてきました。

しかし
ついに認知症を完治させることができるワクチンアデュカヌマブが、
3段階ある治験のフェーズ2が終わり、次の段階に進むことが報じられ完成に期待が寄せられています。

日本でも早ければ3年から5年以内にワクチンアデュカヌマブを投与できるとし、
認知症治療に期待がかかっているのです。



Sponsored Links



ワクチンアデュカヌマブとは

認知症が発症する理由は現段階でも完璧には把握できておらずに
仮説を立てた上での治療薬として開発され成果を出しているのがワクチンアデュカヌマブ。

仮説としてタンパク質が認知症発症に影響していると考えられ、
症状が現れる10年から20年も前から脳内にタンパク質がたまり始め、
たまったタンパク質が原因で脳の神経細胞が死に脳が委縮することが、
認知症の原因と仮説が立てられてきました。

そこで健康な高齢者から免疫細胞を採取し認知症発症の原因とされるタンパク質と
強く結合する免疫細胞を取り出しそこからつくられたのがワクチンアデュカヌマブになります。

現段階の計画では50歳を過ぎれば予防接種が可能になり月一回投与する方向で考えられており、
日本でも早ければ3年以内に実用開始できるとまさに注目の奇跡のワクチンなのです。

しかし
まだまだ新薬として先が長いのも事実です。



Sponsored Links



3段階ある治験のフェーズ2では165人がアデュカヌマブの安全性を確認するために参加しましたが、
途中で40人が副作用を訴え中止に、その半分近くが頭痛の症状を訴えたようです。

どうやら
ワクチンアデュカヌマブの摂取量と副作用の関係性が明らかになったようで、
投薬量を増やせば治療効果も増すが副作用も増すことが判明した様子。

しかし
10年以上新薬が開発されなかった認知症治療の新薬ということもあり、
世界中から今回の研究が注目を集めています。

この調子で研究が進めば日本でも3年以内に実用開始できるかもしれないということで、
年々増え続ける認知症についに光が見えてきたようです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 44分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. hands-545394_1920
  2. shower-1502736_1920
  3. work-space-232985_1280
  4. tokyo-835566_1920
  5. runners-373099_1920
  6. bedroom-1006526_1920
  7. aluminous-749358_1920-1
  8. love-1643452_1920
  9. shells-792914_1920
  10. runners-635906_1280
PAGE TOP