安倍晋三首相のゴルフのスコア(腕前)は!?調子が悪い時には周囲に当たり散らすことも…

安倍晋三首相のゴルフの腕前はスコアいくつぐらいのものなのだろうか。2017年に米国大統領に就任したトランプ大統領。就任直後からも大統領令を使い強行的な政治を行い世界から注目を集めているトランプであるが、そんなトランプと親交を図るべく安倍晋三首相が提案したのがゴルフ外交だ。安倍晋三首相は大のゴルフ好きとして知られており、照恵夫人ともゴルフをして休日を過ごすことがあるという。果たして今後の米国との関係に影響するであろう親交の場で提案したゴルフ、安倍晋三首相の腕前となるスコアはいくつぐらいなものなのだろうか。



Sponsored Links



安倍晋三首相のゴルフの腕前スコア

安倍晋三首相のゴルフの腕前となるスコアは、調子が良い時は80台半ばと閣僚関係者から語られている。この腕前は概アマチュアゴルファーの平均的スコアであり、平成24年度に日本パブリックゴルフ協会が調査したアマチュアゴルファーの平均スコアは90台であり38%となっている。しかし、一般的にはアマチュアでスコア100の壁は高く、100を切れば中々の腕前だといわれている。

しかし、安倍晋三首相は日によってスコアに幅があるようで、調子が悪いと時には100を超えることもよくあるという。すると徐々に不機嫌になり始めさらにかみ合わなくなり調子が悪化していくとのこと。さらに照恵夫人とゴルフをしている際には、集中力を欠き照恵夫人のスイングなどにもケチをつけ始め徐々に2人の間は険悪になっていくとのことだ。

ちなみに2013年9月に政府関係者らとゴルフを行った際にはスコアが102であったことが明らかになっている。又、休暇中にゴルフを行った際にはスコア91だったことも明らかになっている。そんなゴルフ好きの安倍晋三首相であるが、ゴルフ外交の相手トランプ大統領の腕前となるスコアは60だという。このスコア60というのはプロの選手と比べても何ら遜色のない腕前である。

ゴルフ外交が親交を図るためであり安倍晋三首相とトランプ大統領との勝負でないだけに、ゴルフ外交が成功するのかもしれないが安倍晋三首相は過去にゴルフを機に失態を犯したことがある。



Sponsored Links



安倍晋三首相のゴルフの失態

安倍晋三首相は2012年に首相の座についてからというものの、3年間という期間で41回ものゴルフを行っているほどのゴルフ好きだ。しかし、過去には東北地方で豪雨災害に見舞われ被害を出したさなかに、安倍晋三首相は夏休み休暇中でありゴルフを満喫中であったのだ。この際に野党からは一大事にゴルフを満喫しているとはと批判の声が上がっていた。

さらにゴルフ好き過ぎるあまりに腕前やスコアの話になると、熱が入りすぎてしまうという。それ故にトランプ大統領とのゴルフ外交の際に、安倍晋三首相に勝負心が出てこないかが最大の懸念である。なんといっても調子が悪い時には照恵夫人にもケチをつけるほどであり、プロ級の腕前を持つトランプのゴルフの腕前に苛立ちを覚えなければよいのだが。

ゴルフ外交にあたっては安倍晋三首相もトランプ大統領も心待ちにしているようであり、お互いに良い親交関係を築ければよいのだが。果たして今後の国交にもかかわってくるゴルフ外交はうまくいくのであろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP