なぜ、年を重ねると1年が早く感じられる?

年齢を重ねるごとに多くの人々が感じる1年の早さ。

よく会話においても「年々歳を取るのが早くなる」「もう1年も半分か」などと言う言葉が聞こえてくる。

しかし、いくら自身が年を重ねようが1年は365日であり、1日は24時間であるという事実は変わらず、過ごしている時間は幼少の頃とは全く変わらない筈である。

そのために単なる勘違いなのかと多くの人々は思いがちであるが、実は年々歳を重ねるごとに時間の経過を早く感じるのには明確な理由が存在するのだ。



Sponsored Links



時間を早く感じる理由

この難解な疑問に答えを見出したのは19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネであり、ポール・ジャネの見出した理論はジャネーの法則と呼ばれている。

ジャネーの法則とは年々歳を重ねるごとに時間の経過が早くなるということを説いた理論である。

その内容は5歳児にとっての1年というのは人生においての5分の1を示す割合で存在するが、50歳からしてみれば人生の50分の1の割合にしか1年は過ぎないのだ。

時間の経過を感じるのは決まって過去を振り返った時であり、現在進行形で時間が進むのが早いと感じることは年を重ねてもない。時間というのは5歳児でも50歳でも平等に存在するからだ。

しかし、時間の経過に違いを感じるのは過去を振り返る場合である。極端な話1歳時にとっての1年は人生すべてであり、すべてが新しいことであった。しかし、100歳ともなれば、1年は人生の100分の1にしか相当せず、残りの99年分に比べれば1年はごく短いものとなる。

このような年を重ねるごとに1年という時間の割合は人生の中でわずかなものとなっていく。そのために過去を振り返った時に年々1年が早く感じるというのだ。

このジャネーの法則により年々歳をとるのが早くなることが分かったが、そんな中でも時間を長く感じさせる方法も存在する。



Sponsored Links



時間を長く感じる方法

ジャネーの法則によると上記の理由に加えて、年齢を重ねることで新しい経験や知識を取り入れることがなく、同じことの繰り返しの毎日であるために時間を早く感じるともある。

毎日同じことの繰り返しで1年を過ごすと去年と同じ行動しかとっておらずに、その年の記憶が新たにつくられることはない。そのために過去を振り返った時に何も残っておらずに1年の流れを早く感じるのだ。

そこで新しい経験や知識を吸収し続けるのだ。

時間の経過を早く感じるのは過去を振り返った時であると上記で説明したが、新しい経験や知識を加えて過去を振り返った場合、今までになかった新しい経験や知識がその1年の記憶として蓄積する。

仮に1日1つ新たなことに挑戦し続ければ、その年を振り返った時には今までにない365個の記憶が残っており、何もしなかった1年よりも時間を長く感じることができるだろう。

時間の流れというのは年齢がいくつになろうと変わることはない。しかし、過去を振り返る経験として語られる場合にはジャネーの法則に当てはまる通りに年々短くなっていくだろう。

年々歳をとるのが早く感じるようになっているのであれば、人生に何か新たな刺激が必要なのかもしれない。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP